四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ことわざ

開いた口が塞がらない あいたくちがふさがらない
aitakuchigafusagaranai
商い三年 あきないさんねん
akinaisannen
足が地につかない あしがちにつかない
ashigachinitsukanai
味も素っ気もない あじもそっけもない
ajimosokkemonai
足を向けて寝られない あしをむけてねられない
ashiwomuketenerarenai
穴があったら入りたい あながあったらはいりたい
anagaattarahairitai
危ない橋を渡る あぶないはしをわたる
abunaihashiwowataru
甘い汁を吸う あまいしるをすう
amaishiruwosuu
石橋を叩いて渡る いしばしをたたいてわたる
ishibashiwotataitewataru
一を聞いて十を知る いちをきいてじゅうをしる
ichiwokiitejuuwoshiru
美しい花には刺がある うつくしいはなにはとげがある
utsukushiihananihatogegaaru
売り言葉に買い言葉 うりことばにかいことば
urikotobanikaikotoba
絵に描いた餅 えにかいたもち
enikaitamochi
思い立ったが吉日 おもいたったがきちじつ
omoitattagakichijitsu
痒い所に手が届く かゆいところにてがとどく
kayuitokoronitegatodoku
可愛い子には旅をさせよ かわいいこにはたびをさせよ
kawaiikonihatabiwosaseyo
聞いて極楽見て地獄 きいてごくらくみてじごく
kiitegokurakumitejigoku
臭い物に蓋をする くさいものにふたをする
kusaimononifutawosuru
苦しい時の神頼み くるしいときのかみだのみ
kurushiitokinokamidanomi
敷居が高い しきいがたかい
shikiigatakai

ただより高いものはない ただよりたかいものはない
tadayoritakaimonohanai
血も涙もない ちもなみだもない
chimonamidamonai
鉄は熱いうちに打て てつはあついうちにうて
tetsuhaatsuiuchiniute
手も足も出ない てもあしもでない
temoashimodenai
無い袖は振れない ないそではふれない
naisodehafurenai
長い物には巻かれろ ながいものにはまかれろ
nagaimononihamakarero
逃した魚は大きい のがしたさかなはおおきい
nogashitasakanahaookii
盗人猛猛しい ぬすっとたけだけしい
nusuttotakedakeshii
猫の手も借りたい ねこのてもかりたい
nekonotemokaritai
根も葉もない ねもはもない
nemohamonai
吐いた唾は呑めぬ はいたつばはのめぬ
haitatsubahanomenu
馬鹿と鋏は使いよう ばかとはさみはつかいよう
bakatohasamihatsukaiyou
馬鹿につける薬はない ばかにつけるくすりはない
bakanitsukerukusurihanai
破竹の勢い はちくのいきおい
hachikunoikioi
蜂の巣をつついたよう はちのすをつついたよう
hachinosuwotsutsuitayou
火のない所に煙は立たぬ ひのないところにけむりはたたぬ
hinonaitokoronikemurihatatanu
身も蓋もない みもふたもない
mimofutamonai
見ると聞くとは大違い みるときくとはおおちがい
mirutokikutohaoochigai
目に入れても痛くない めにいれてもいたくない
meniiretemoitakunai
物は言いよう ものはいいよう
monohaiiyou

安物買いの銭失い やすものがいのぜにうしない
yasumonogainozeniushinai
埒が明かない らちがあかない
rachigaakanai
渡る世間に鬼はない わたるせけんにおにはない
watarusekennionihanai
一矢報いる いっしむくいる
isshimukuiru
枯れ木も山の賑わい かれきもやまのにぎわい
karekimoyamanonigiwai
山椒は小粒でもぴりりと辛い さんしょうはこつぶでもぴりりとからい
sanshouhakotsubudemopiriritokarai
備えあれば憂いなし そなえあればうれいなし
sonaearebaureinashi
人間いたるところ青山あり にんげんいたるところせいざんあり
ningenitarutokoroseizanari
盗人猛々しい ぬすっとたけだけしい
nusuttotakedakeshii
不幸中の幸い ふこうちゅうのさいわい
fukouchuunosaiwai
開いた口へ牡丹餅 あいたくちへぼたもち
aitakuchihebotamochi
相手のない喧嘩はできぬ あいてのないけんかはできぬ
aitenonaikenkahadekinu
仰いで天に愧じず あおいでてんにはじず
aoidetennihajizu
空き樽は音が高い あきだるはおとがたかい
akidaruhaotogatakai
商いは牛の涎 あきないはうしのよだれ
akinaihaushinoyodare
浅い川も深く渡れ あさいかわもふかくわたれ
asaikawamofukakuwatare
新しい酒は新しい革袋に盛れ あたらしいさけはあたらしいかわぶくろにもれ
atarashiisakehaatarashiikawabukuronimore
蟻の思いも天に届く ありのおもいもてんにとどく
arinoomoimotennitodoku
有る袖は振れど無い袖は振れぬ あるそではふれどないそではふれぬ
arusodehafuredonaisodehafurenu
慌てる乞食は貰いが少ない あわてるこじきはもらいがすくない
awaterukojikihamoraigasukunai

鮑の片思い あわびのかたおもい
awabinokataomoi
言いたいことは明日言え いいたいことはあすいえ
iitaikotohaasuie
いざ鎌倉 いざかまくら
izakamakura
磯の鮑の片思い いそのあわびのかたおもい
isonoawabinokataomoi
一言既に出ずれば駟馬も追い難し いちごんすでにいずればしばもおいがたし
ichigonsudeniizurebashibamooigatashi
いつまでもあると思うな親と金 いつまでもあるとおもうなおやとかね
itsumademoarutoomounaoyatokane
いつも月夜に米の飯 いつもつきよにこめのめし
itsumotsukiyonikomenomeshi
いつも柳の下に泥鰌は居らぬ いつもやなぎのしたにどじょうはおらぬ
itsumoyanaginoshitanidojouhaoranu
芋の煮えたもご存じない いものにえたもごぞんじない
imononietamogozonjinai
色気より食い気 いろけよりくいけ
irokeyorikuike
色の白いは七難隠す いろのしろいはしちなんかくす
ironoshiroihashichinankakusu
有為転変は世の習い ういてんぺんはよのならい
uitenpenhayononarai
うだつが上がらない うだつがあがらない
udatsugaagaranai
越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く えっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく
ecchounanshinisukui、kobahokufuuniinanaku
老い木に花咲く おいきにはなさく
oikinihanasaku
老いたる馬は道を忘れず おいたるうまはみちをわすれず
oitaruumahamichiwowasurezu
老いては騏驎も駑馬に劣る おいてはきりんもどばにおとる
oitehakirinmodobaniotoru
老いては子に従え おいてはこにしたがえ
oitehakonishitagae
女三人寄れば姦しい おんなさんにんよればかしましい
onnasanninyorebakashimashii
飼い犬に手を噛まれる かいいぬにてをかまれる
kaiinunitewokamareru

蝸角の争い かかくのあらそい
kakakunoarasoi
蝸牛角上の争い かぎゅうかくじょうのあらそい
kagyuukakujounoarasoi
蝸牛の角争い かたつむりのつのあらそい
katatsumurinotsunoarasoi
噛む馬はしまいまで噛む かむうまはしまいまでかむ
kamuumahashimaimadekamu
気が置けない きがおけない
kigaokenai
騎虎の勢い きこのいきおい
kikonoikioi
雉も鳴かずば撃たれまい きじもなかずばうたれまい
kijimonakazubautaremai
京の着倒れ、大阪の食い倒れ きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ
kyounokidaore、oosakanokuidaore
騏驎も老いては駑馬に劣る きりんもおいてはどばにおとる
kirinmooitehadobaniotoru
金時の火事見舞い きんときのかじみまい
kintokinokajimimai
口は災いの元 くちはわざわいのもと
kuchihawazawainomoto
毛を吹いて疵を求む けをふいてきずをもとむ
kewofuitekizuwomotomu
犬馬の養い けんばのやしない
kenbanoyashinai
孝行のしたい時分に親はなし こうこうのしたいじぶんにおやはなし
koukounoshitaijibunnioyahanashi
子はかすがい こはかすがい
kohakasugai
鷺を烏と言いくるめる さぎをからすといいくるめる
sagiwokarasutoiikurumeru
酒は憂いの玉箒 さけはうれいのたまははき
sakehaureinotamahahaki
猿の尻笑い さるのしりわらい
sarunoshiriwarai
静かに流れる川は深い しずかにながれるかわはふかい
shizukaninagarerukawahafukai
少年老い易く学成り難し しょうねんおいやすくがくなりがたし
shounenoiyasukugakunarigatashi

人後に落ちない じんごにおちない
jingoniochinai
酸いも甘いも噛み分ける すいもあまいもかみわける
suimoamaimokamiwakeru
急いては事を仕損じる せいてはことをしそんじる
seitehakotowoshisonjiru
そうは問屋が卸さない そうはとんやがおろさない
souhatonyagaorosanai
立っている者は親でも使え たっているものはおやでもつかえ
tatteirumonohaoyademotsukae
断腸の思い だんちょうのおもい
danchounoomoi
血は水よりも濃い ちはみずよりもこい
chihamizuyorimokoi
使っている鍬は光る つかっているくわはひかる
tsukatteirukuwahahikaru
手飼いの犬に手を食われる てがいのいぬにてをくわれる
tegainoinunitewokuwareru
てこでも動かない てこでもうごかない
tekodemougokanai
毒にも薬にもならない どくにもくすりにもならない
dokunimokusurinimonaranai
年には勝てない としにはかてない
toshinihakatenai
隣の花は赤い となりのはなはあかい
tonarinohanahaakai
飛ぶ鳥を落とす勢い とぶとりをおとすいきおい
tobutoriwootosuikioi
鳥も鳴かずば撃たれまい とりもなかずばうたれまい
torimonakazubautaremai
無いが意見の総じまい ないがいけんのそうじまい
naigaikennosoujimai
泣いて馬謖を斬る ないてばしょくをきる
naitebashokuwokiru
鳴かずば雉も撃たれまい なかずばきじもうたれまい
nakazubakijimoutaremai
習い性となる ならいせいとなる
naraiseitonaru
逃がした魚は大きい にがしたさかなはおおきい
nigashitasakanahaookii

煮ても焼いても食えない にてもやいてもくえない
nitemoyaitemokuenai
女房と畳は新しい方が良い にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい
nyouboutotatamihaatarashiihougayoi
鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん にわとりをさくにいずくんぞぎゅうとうをもちいん
niwatoriwosakuniizukunzogyuutouwomochiin
盗人に追い銭 ぬすびとにおいせん
nusubitonioisen
箸にも棒にもかからない はしにもぼうにもかからない
hashinimobounimokakaranai
腹八分目に医者いらず はらはちぶんめにいしゃいらず
harahachibunmeniishairazu
夫婦喧嘩は犬も食わない ふうふげんかはいぬもくわない
fuufugenkahainumokuwanai
深い川は静かに流れる ふかいかわはしずかにながれる
fukaikawahashizukaninagareru
河豚は食いたし命は惜しし ふぐはくいたしいのちはおしし
fuguhakuitashiinochihaoshishi
武士に二言はない ぶしににごんはない
bushininigonhanai
武士は相身互い ぶしはあいみたがい
bushihaaimitagai
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い ぼうずにくけりゃけさまでにくい
bouzunikukeryakesamadenikui
丸い卵も切りようで四角 まるいたまごもきりようでしかく
maruitamagomokiriyoudeshikaku
名物に旨い物なし めいぶつにうまいものなし
meibutsuniumaimononashi
勿怪の幸い もっけのさいわい
mokkenosaiwai
物も言いようで角が立つ ものもいいようでかどがたつ
monomoiiyoudekadogatatsu
痩せの大食い やせのおおぐい
yasenooogui
柳の下にいつも泥鰌はいない やなぎのしたにいつもどじょうはいない
yanaginoshitaniitsumodojouhainai
藪をつついて蛇を出す やぶをつついてへびをだす
yabuwotsutsuitehebiwodasu
例外のない規則はない れいがいのないきそくはない
reigainonaikisokuhanai

六十の手習い ろくじゅうのてならい
rokujuunotenarai
若い時の苦労は買ってでもせよ わかいときのくろうはかってでもせよ
wakaitokinokurouhakattedemoseyo

慣用句

後を絶たない あとをたたない
atowotatanai
跡形も無い あとかたもない
atokatamonai
足下の明るいうち あしもとのあかるいうち
ashimotonoakaruiuchi
蟻の這い出る隙もない ありのはいでるすきもない
arinohaiderusukimonai
青田買い あおたがい
aotagai
合いの手を入れる あいのてをいれる
ainotewoireru
足の踏み場もない あしのふみばもない
ashinofumibamonai
足手まとい あしでまとい
ashidematoi
足が地に着かない あしがちにつかない
ashigachinitsukanai
足が早い あしがはやい
ashigahayai
合わせる顔がない あわせるかおがない
awaserukaoganai
後味が悪い あとあじがわるい
atoajigawarui
足元にも及ばない あしもとにもおよばない
ashimotonimooyobanai
頭が古い あたまがふるい
atamagafurui
頭が低い あたまがひくい
atamagahikui
頭が固い あたまがかたい
atamagakatai
頭が痛い あたまがいたい
atamagaitai
頭が上がらない あたまがあがらない
atamagaagaranai

曰く言い難し いわくいいがたし
iwakuiigatashi
嫌という程 いやというほど
iyatoiuhodo
いやが上にも いやがうえにも
iyagauenimo
いぶし銀 いぶしぎん
ibushigin
いの一番 いのいちばん
inoichiban
意に介さない いにかいさない
inikaisanai
居ても立っても居られない いてもたってもいられない
itemotattemoirarenai
一言もない いちごんもない
ichigonmonai
痛くも痒くも無い いたくもかゆくもない
itakumokayukumonai
痛い目に遭う いたいめにあう
itaimeniau
痛い所を衝く いたいところをつく
itaitokorowotsuku
言うに事欠いて いうにことかいて
iunikotokaite
いい子になる いいこになる
iikoninaru
いい気味だ いいきみだ
iikimida
いい気になる いいきになる
iikininaru
言い掛かりを付ける いいがかりをつける
iigakariwotsukeru
好い顔をしない いいかおをしない
iikaowoshinai
一矢を報いる いっしをむくいる
isshiwomukuiru
痛くもない腹を探られる いたくもないはらをさぐられる
itakumonaiharawosagurareru
いずれ菖蒲か杜若 いずれあやめかかきつばた
izureayamekakakitsubata

石に齧りついても いしにかじりついても
ishinikajiritsuitemo
いかもの食い いかものぐい
ikamonogui
息が長い いきがながい
ikiganagai
打つ手がない うつてがない
utsuteganai
浮かぶ瀬がない うかぶせがない
ukabuseganai
うまい汁を吸う うまいしるをすう
umaishiruwosuu
縁もゆかりも無い えんもゆかりもない
enmoyukarimonai
縁起でもない えんぎでもない
engidemonai
得体が知れない えたいがしれない
etaigashirenai
遠慮会釈もない えんりょえしゃくもない
enryoeshakumonai
折り目正しい おりめただしい
orimetadashii
及びもつかない およびもつかない
oyobimotsukanai
思うに任せない おもうにまかせない
omounimakasenai
思いを馳せる おもいをはせる
omoiwohaseru
思い半ばに過ぐ おもいなかばにすぐ
omoinakabanisugu
応接に暇がない おうせつにいとまがない
ousetsuniitomaganai
老いの一徹 おいのいってつ
oinoittetsu
男を見る目がない おとこをみるめがない
otokowomirumeganai
お茶の子さいさい おちゃのこさいさい
ochanokosaisai
押しが強い おしがつよい
oshigatsuyoi

おくびにも出さない おくびにもださない
okubinimodasanai
眼中に無い がんちゅうにない
ganchuuninai
金に糸目を付けない かねにいとめをつけない
kaneniitomewotsukenai
合点がいかない がてんがいかない
gatengaikanai
我が強い ががつよい
gagatsuyoi
顔向けできない かおむけできない
kaomukedekinai
顔が広い かおがひろい
kaogahiroi
肩身が狭い かたみがせまい
katamigasemai
片腹痛い かたはらいたい
kataharaitai
影も形もない かげもかたちもない
kagemokatachimonai
影が薄い かげがうすい
kagegausui
木目が細かい きめがこまかい
kimegakomakai
気のせい きのせい
kinosei
切っても切れない きってもきれない
kittemokirenai
聞く耳を持たない きくみみをもたない
kikumimiwomotanai
気が若い きがわかい
kigawakai
気が弱い きがよわい
kigayowai
気が早い きがはやい
kigahayai
気が強い きがつよい
kigatsuyoi
気が短い きがみじかい
kigamijikai

気が気でない きがきでない
kigakidenai
気が多い きがおおい
kigaooi
今日という今日 きょうというきょう
kyoutoiukyou
肝が太い きもがふとい
kimogafutoi
肝が小さい きもがちいさい
kimogachiisai
肝が大きい きもがおおきい
kimogaookii
きまりが悪い きまりがわるい
kimarigawarui
気に食わない きにくわない
kinikuwanai
気が長い きがながい
kiganagai
気がない きがない
kiganai
気が進まない きがすすまない
kigasusumanai
気が重い きがおもい
kigaomoi
黄色い声 きいろいこえ
kiiroikoe
食わず嫌い くわずぎらい
kuwazugirai
愚にも付かない ぐにもつかない
gunimotsukanai
屈託無い くったくない
kuttakunai
口を衝いて出る くちをついてでる
kuchiwotsuitederu
口幅ったい くちはばったい
kuchihabattai
口がうるさい くちがうるさい
kuchigaurusai
ぐうの音も出ない ぐうのねもでない
guunonemodenai

雲行きが怪しい くもゆきがあやしい
kumoyukigaayashii
首が回らない くびがまわらない
kubigamawaranai
嘴が黄色い くちばしがきいろい
kuchibashigakiiroi
口が悪い くちがわるい
kuchigawarui
口が軽い くちがかるい
kuchigakarui
口が堅い くちがかたい
kuchigakatai
口が重い くちがおもい
kuchigaomoi
口が上手い くちがうまい
kuchigaumai
口が減らない くちがへらない
kuchigaheranai
芸が無い げいがない
geiganai
この上ない このうえない
konouenai
腰が無い こしがない
koshiganai
腰が軽い こしがかるい
koshigakarui
腰が重い こしがおもい
koshigaomoi
心にもない こころにもない
kokoronimonai
後顧の憂い こうこのうれい
koukonourei
怖いもの見たさ こわいものみたさ
kowaimonomitasa
心許ない こころもとない
kokoromotonai
心が重い こころがおもい
kokorogaomoi
甲乙付け難い こうおつつけがたい
kouotsutsukegatai

腰が弱い こしがよわい
koshigayowai
腰が低い こしがひくい
koshigahikui
腰が強い こしがつよい
koshigatsuyoi
如才無い じょさいない
josainai
示しがつかない しめしがつかない
shimeshigatsukanai
始末が悪い しまつがわるい
shimatsugawarui
白い目で見る しろいめでみる
shiroimedemiru
始末に負えない しまつにおえない
shimatsunioenai
下にも置かない したにもおかない
shitanimookanai
尻が長い しりがながい
shiriganagai
尻が軽い しりがかるい
shirigakarui
尻が重い しりがおもい
shirigaomoi
舌が肥えている したがこえている
shitagakoeteiru
筋がいい すじがいい
sujigaii
頭が高い ずがたかい
zugatakai
涼しい顔 すずしいかお
suzushiikao
隅に置けない すみにおけない
suminiokenai
世間が広い せけんがひろい
sekengahiroi
線が細い せんがほそい
sengahosoi
席の暖まる暇もない せきのあたたまるいとまもない
sekinoatatamaruitomamonai

底が浅い そこがあさい
sokogaasai
反りが合わない そりがあわない
sorigaawanai
そつが無い そつがない
sotsuganai
食べず嫌い たべずぎらい
tabezugirai
太刀打ちできない たちうちできない
tachiuchidekinai
高が知れている たかがしれている
takagashireteiru
縦のものを横にもしない たてのものをよこにもしない
tatenomonowoyokonimoshinai
立つ瀬がない たつせがない
tatsuseganai
ちょっかいを出す ちょっかいをだす
chokkaiwodasu
血の気が多い ちのけがおおい
chinokegaooi
面の皮が厚い つらのかわがあつい
tsuranokawagaatsui
鍔迫り合い つばぜりあい
tsubazeriai
罪が無い つみがない
tsumiganai
手が早い てがはやい
tegahayai
出る幕がない でるまくがない
derumakuganai
手に負えない てにおえない
tenioenai
手が離せない てがはなせない
tegahanasenai
手が出ない てがでない
tegadenai
手が付けられない てがつけられない
tegatsukerarenai
手が足りない てがたりない
tegatarinai

手に付かない てにつかない
tenitsukanai
取り留めの無い とりとめのない
toritomenonai
途方もない とほうもない
tohoumonai
情け容赦も無い なさけようしゃもない
nasakeyoushamonai
泣いても笑っても ないてもわらっても
naitemowarattemo
長い目で見る ながいめでみる
nagaimedemiru
似ても似つかない にてもにつかない
nitemonitsukanai
二進も三進も行かない にっちもさっちもいかない
nicchimosacchimoikanai
荷が重い にがおもい
nigaomoi
煮え切らない にえきらない
niekiranai
二の句が継げない にのくがつげない
ninokugatsugenai
抜け目がない ぬけめがない
nukemeganai
抜き差しならない ぬきさしならない
nukisashinaranai
寝覚めが悪い ねざめがわるい
nezamegawarui
願っても無い ねがってもない
negattemonai
根が深い ねがふかい
negafukai
猫の子一匹いない ねこのこいっぴきいない
nekonokoippikiinai
肌が合わない はだがあわない
hadagaawanai
旗色が悪い はたいろがわるい
hatairogawarui
話にならない はなしにならない
hanashininaranai

鼻の下が長い はなのしたがながい
hananoshitaganagai
畑違い はたけちがい
hatakechigai
ばつが悪い ばつがわるい
batsugawarui
羽振りがいい はぶりがいい
haburigaii
腹が太い はらがふとい
haragafutoi
腹が黒い はらがくろい
haragakuroi
鼻が高い はながたかい
hanagatakai
歯の根が合わない はのねがあわない
hanonegaawanai
歯を食いしばる はをくいしばる
hawokuishibaru
歯が立たない はがたたない
hagatatanai
鼻持ちならない はなもちならない
hanamochinaranai
引けを取らない ひけをとらない
hikewotoranai
引き合いに出す ひきあいにだす
hikiainidasu
火の付いたよう ひのついたよう
hinotsuitayou
非の打ち所がない ひのうちどころがない
hinouchidokoroganai
一溜まりもない ひとたまりもない
hitotamarimonai
懐が深い ふところがふかい
futokorogafukai
懐が寒い ふところがさむい
futokorogasamui
懐が暖かい ふところがあたたかい
futokorogaatatakai
降って湧いたよう ふってわいたよう
futtewaitayou

懐が寂しい ふところがさびしい
futokorogasabishii
腑に落ちない ふにおちない
funiochinai
まんじりともしない まんじりともしない
manjiritomoshinai
満更でもない まんざらでもない
manzarademonai
間尺に合わない ましゃくにあわない
mashakuniawanai
紛れもない まぎれもない
magiremonai
間が悪い まがわるい
magawarui
間が持てない まがもてない
magamotenai
枚挙に暇がない まいきょにいとまがない
maikyoniitomaganai
見るに堪えない みるにたえない
mirunitaenai
見るに忍びない みるにしのびない
mirunishinobinai
身も世もない みもよもない
mimoyomonai
耳が遠い みみがとおい
mimigatooi
身の置き所がない みのおきどころがない
minookidokoroganai
身に覚えがない みにおぼえがない
minioboeganai
水が合わない みずがあわない
mizugaawanai
微塵もない みじんもない
mijinmonai
身を切る思い みをきるおもい
miwokiruomoi
見る影も無い みるかげもない
mirukagemonai
耳慣れない みみなれない
miminarenai

水臭い みずくさい
mizukusai
耳が早い みみがはやい
mimigahayai
耳が痛い みみがいたい
mimigaitai
虫の居所が悪い むしのいどころがわるい
mushinoidokorogawarui
武者震い むしゃぶるい
mushaburui
虫が好かない むしがすかない
mushigasukanai
虫がいい むしがいい
mushigaii
虫も殺さない むしもころさない
mushimokorosanai
滅相もない めっそうもない
messoumonai
目もくれない めもくれない
memokurenai
目も当てられない めもあてられない
memoaterarenai
目の黒いうち めのくろいうち
menokuroiuchi
目が早い めがはやい
megahayai
目が無い めがない
meganai
目が高い めがたかい
megatakai
物ともしない ものともしない
monotomoshinai
門前払い もんぜんばらい
monzenbarai
元も子もない もともこもない
motomokomonai
止むを得ない やむをえない
yamuwoenai
やぶさかでない やぶさかでない
yabusakadenai

呼び声が高い よびごえがたかい
yobigoegatakai
世の習い よのならい
yononarai
要領を得ない ようりょうをえない
youryouwoenai
要領がいい ようりょうがいい
youryougaii
余念が無い よねんがない
yonenganai
横の物を縦にもしない よこのものをたてにもしない
yokonomonowotatenimoshinai
読みが深い よみがふかい
yomigafukai
埒も無い らちもない
rachimonai
論を俟たない ろんをまたない
ronwomatanai
労を惜しまない ろうをおしまない
rouwooshimanai
労に報いる ろうにむくいる
rounimukuiru
割に合わない わりにあわない
wariniawanai
割がいい わりがいい
warigaii
わびをいれる わびをいれる
wabiwoireru
割り切れない わりきれない
warikirenai
取り付く島もない とりつくしまもない
toritsukushimamonai

「い」を含む二字熟語一覧

「い」を含む三字熟語一覧

「い」を含む五字熟語一覧

「い」を含む姓名、名前や地名

「い」を含む有名人の苗字・名前一覧

「い」の書き方・書き順・画数

便利!手書き漢字入力検索

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今日の俗語 💬
「禿同」の使い方

今週の時事ニュース漢字 📺
大谷   翔平  

スポンサードリンク

トップへ戻る