推進・促進・進展の違いとは?

推進、促進、進展の違い、使い分けをご紹介いたします。

推進(すいしん)」物事が前に進むようつとめること。
自分が主体となり推し進める意味です。
使い方:地産地消を推進する

促進(そくしん)」物事が盛んになるようはかる。
他の誰かを促す行為につかいます。
使い方:開発を促進する

進展(しんてん)」物事が順調にすすんでいくこと。
ある状況から次の局面に進むことを意味します。
使い方:話が進展する

いかがだったでしょうか。

では「要件」「用件」の違いは何でしょうか?→こちら

「絶滅危惧種」で「生きた化石」の「鴨脚樹」とは?

絶滅危惧種」で「生きた化石」の「鴨脚樹」とは何でしょう?

街路樹などに多く身近に感じる樹木の一つで、漢字で表記すると「公孫樹」や「鴨脚樹」とも表します。
さてこれは何でしょう?

答えは「銀杏(いちょう)」です。

「公孫樹」「鴨脚樹」「銀杏」の読み方:「いちょう」「公孫樹」の由来:漢名、植樹して孫の代になって実がなることから。
「鴨脚樹」の由来:葉の形をアヒルの足に見立てた漢名の発音から。

また「銀杏」は「いちょう」と読む場合は樹木のことを指し、「ぎんなん、ぎんきょう」と読む場合は食用の種子を指します。

同じ読みで、異なる漢字名が3つもあり、
同じ漢字で、樹木と種子と異なる意味をもつ「イチョウ」
野生のイチョウは、中国にわずかに確認されたもののみ。
約2億年前の中生代から存在し、その姿を変えていないという「生きた化石」、「イチョウ」興味深いですね。

「消耗」の本当の読み方は「しょうもう」ではない?

消耗品消耗が激しいなど
使って減らす、使って減る意味の「消耗
多くは「しょうもう」と読んでいますが、
これは慣用読みであり、本来の読み方ではありません。

本来の読み方は「しょうこう」です。
消耗の「」は漢音で「こう」と読みます。

「しょうもう」は間違い?
いいえ。現在は「しょうもう」が一般化したものです。
本来とは違う誤読みが、定着した読み方を「慣用読み」といい、 「消耗」もその一例といえます。

他の慣用読みについては→こちら

「漸く」は「しばらく」ではなく「ようやく」意味と使い方・類語

漸く」の読み方:「ようやく」
「しばらく」と読み間違えやすいですが、
「しばらく」は「暫く」です。

「漸く」の意味:なかなか実現しなかったことが、やっと実現すること

「漸く」の使い方・例文:
車は事故渋滞で動かなかったが、漸く動き出した。
結婚式で、部長の長いスピーチが漸く終わった。
漸く一人前になりました。

「漸く」の類義語:やっと、ついに、とうとう

「重複」は「じゅうふく」「ちょうふく」?正しい読み方と意味

重複」は「じゅうふく」と「ちょうふく」、どちらの読み方が正しいのでしょうか?

「重複」の意味:同じ物事が二つ以上重なること

重複の「重」は「じゅう」と「ちょう」と読み、
「ちょう」は漢音、「じゅう」は呉音です。
本来は「ちょうふく」と読みます。

しかし、現在は「じゅうふく」と読む人が多くなりました。これは辞書にも掲載され、認められるようになった
「慣用読み」の読み方なのです。

「重複」を「じゅふく」と読んだ場合も、言葉の意味は変わりません。しかし色々な場面で使う時、もとは「ちょうふく」と読むとういうことは覚えておきたいですね。

この様な「慣用読み」の例はほかにもあります。→こちら

「会釈」の正しい読み方「かいしゃく」「えしゃく」?意味と由来・語源

会釈」はなんと読むでしょうか?

読み方:えしゃく
意味:軽く挨拶や礼をするこ

語源:仏教語の「和会通釈」を略した言葉。
「和会通釈」とは、仏典で、前後の内容を照合し、矛盾がない解釈をすることです。「会通(えつう)」ともいいます。

「会」は「かい」とも読むため「かいしゃく」と読みそうになりますが、「一期一会」の「会」と同じ様に「え」と読みます。
愛知県知多郡には「会下(えげ)」という地名もあります。

「古文書」は「こぶんしょ」「こもんじょ」?読み方と意味

古文書」の読み方と意味

読み方:こもんじょ
意味:古い文章
歴史学上では、特定の対象へ意思を伝えるために作成された近代以前の文書のこと

「こぶんしょ」とも読めますが
「こもんじょ」と読む方が一般的です。

「古文書」の「書」は「しょ」と読むことができ
「書」単独で「じょ」とは読みません。
ではなぜ「こもんじょ」と濁ってよむのでしょうか?
これは「連濁(れんだく)」と呼ばれる現象です。
二つの語が結びついて一語になるとき、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化すること。
例:長靴(ながぐつ)、切り花(きりばな)手紙(てがみ)など

「あり得る」は「ありえる」「ありうる」?正しい読み方と意味

あり得る」はなんと読みますか?

読み方:ありうる
意味:起こる可能性がある。
   当然考えられる。

反対語:あり得ない(ありえない)
あり得ない」の意味:
  あるはずがない。起こる可能性がない。

読み方「ありえる」は間違い?
反対語が「あり得ない(ありえない)」であるため、
それに合わせると「ありえる」と読む人も多い。
本来は「ありうる」であるが、口語的には「ありえる」ということも許容されつつあります。
しかし、「あり得る」は本来は「ありうる」と読む方が正しいでしょう。

「代替」は「だいがえ」「だいたい」?正しい読み方と意味

代替」はなんと読みますか?

読み方:だいたい
意味:ほかのもので代えること

読み方「だいがえ」は間違い?

「代替」を「だいがえ」と読むことも多くあります。
これは「大体(だいたい)」と区別するために
「だいがえ」という読み方が定着したからだとか。

また「だいがえ」は「だいたい」の重箱読みであり、間違いではありません。

「重箱読み」とは
「じゅう」は音読み、「ばこ」は訓読みのように
上は音読みで下は訓読みで読む読み方のこと。
例:縁組(えんぐみ)、軍手(ぐんて)、借家(しゃくや)など

「二十歳」と「弱冠」は類語?意味と由来

二十歳」と「弱冠」は全く同じ意味ではありませんが、とても似ている表現です。

「弱冠」の由来
古代中国で男子20歳を「弱」といい、元服して冠をかぶる元服式を行ったことに由来。(他にも辻髪志学弱冠而立不惑知命耳順従心など年齢に由来する表現があります。「不惑」については→こちら

本来の意味
男子20歳の異称。(女性に使うのは適切ではありません。)
また、成年に達することです。

現在では「20歳前後の若い人を指す」言葉として使われることが多くなっています。

ちなみに、「二十歳」は「はたち、にじゅっさい、にじっさい」と読みますが、「20歳」と表記した場合は「はたち」とは読みません。