四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ことわざ

埒が明かない らちがあかない rachigaakanai
乗り掛かった船 のりかかったふね norikakattahune
拍車をかける はくしゃをかける hakushawokakeru
箸にも棒にも掛からぬ はしにもぼうにもかからぬ hashinimobounimokakaranu
一筋縄で行かぬ ひとすじなわでいかぬ hitosuzinawadeikanu
人は見かけによらぬもの ひとはみかけによらぬもの hitohamikakeniyoranumono
百聞は一見に如かず ひゃくぶんはいっけんにしかず hyakubunhaikkennishikazu
火を見るよりも明らか ひをみるよりもあきらか hiwomiruyorimoakiraka
臍が茶を沸かす へそがちゃをわかす hesogachawowakasu
身から出た錆 みからでたさび mikaradetasabi
見猿、聞か猿、言わ猿 みざる、きかざる、いわざる mizaru、kikazaru、iwazaru
目から鱗が落ちる めからうろこがおちる mekaraurokogaochiru
安かろう悪かろう やすかろうわるかろう yasukarouwarukarou
薮から棒 やぶからぼう yabukarabou
病は気から やまいはきから yamaihakikara
喉から手が出る のどからてがでる nodokarategaderu
寝首をかく ねくびをかく nekubiwokaku
鳴かず飛ばず なかずとばず nakazutobazu
悪銭身につかず あくせんみにつかず akusenminitsukazu
足が地につかない あしがちにつかない ashigachinitsukanai

一寸の光陰軽んずべからず いっすんのこういんかろんずべからず issunnokouinkaronzubekarazu
後ろ髪を引かれる うしろがみをひかれる ushirogamiwohikareru
嘘から出た実 うそからでたまこと usokaradetamakoto
鬼が出るか、蛇が出るか おにがでるか、じゃがでるか onigaderuka、jagaderuka
風が吹けば桶屋が儲かる かぜがふけばおけやがもうかる kazegahukebaokeyagamoukaru
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ kikuhaittokinohazi、kikanuhaisshounohazi
清水の舞台から飛び下りる きよみずのぶたいからとびおりる kiyomizunobutaikaratobioriru
長い物には巻かれろ ながいものにはまかれろ nagaimononihamakarero
旅の恥じはかき捨て たびのはじはかきすて tabinohazihakakisute
初心忘るべからず しょしんわするべからず shoshinwasurubekarazu
舌の根の乾かぬうち したのねのかわかぬうち shitanonenokawakanuuchi
猿も木から落ちる さるもきからおちる sarumokikaraochiru
巧遅は拙速に如かず こうちはせっそくにしかず kouchihasessokunishikazu

慣用句

似ても似つかない にてもにつかない nitemonitsukanai
睨みを利かせる にらみをきかせる niramiwokikaseru
二進も三進も行かない にっちもさっちもいかない nicchimosacchimoikanai
ぬるま湯に浸かる ぬるまゆにつかる nurumayunitsukaru
熱に浮かされる ねつにうかされる netsuniukasareru
呑んでかかる のんでかかる nondekakaru
伸るか反るか のるかそるか norukasoruka

腹を見透かす はらをみすかす harawomisukasu
腹に据えかねる はらにすえかねる haranisuekaneru
幅を利かせる はばをきかせる habawokikaseru
泥をかぶる どろをかぶる dorowokaburu
手に付かない てにつかない tenitsukanai
手が掛かる てがかかる tegakakaru
腰を浮かす こしをうかす koshiwoukasu
示しがつかない しめしがつかない shimeshigatsukanai
尻から抜ける しりからぬける shirikaranukeru
下にも置かない したにもおかない shitanimookanai
総好かんを食う そうすかんをくう sousukanwokuu
袖を分かつ そでをわかつ sodewowakatsu
ちょっかいを出す ちょっかいをだす chokkaiwodasu
昼夜を分かたず ちゅうやをわかたず chuuyawowakatazu
手の内を明かす てのうちをあかす tenouchiwoakasu
手に掛かる てにかかる tenikakaru
発破をかける はっぱをかける happawokakeru
はかが行く はかがゆく hakagayuku
鼻を明かす はなをあかす hanawoakasu
虫が好かない むしがすかない mushigasukanai

目に浮かぶ めにうかぶ meniukabu
目から火が出る めからひがでる mekarahigaderu
目から鼻へ抜ける めからはなへぬける mekarahanahenukeru
物が分かる ものがわかる monogawakaru
刃に掛かる やいばにかかる yaibanikakaru
やぶさかでない やぶさかでない yabusakadenai
闇から闇に葬る やみからやみにほうむる yamikarayaminihoumuru
破れかぶれ やぶれかぶれ yaburekabure
寄ってたかって よってたかって yottetakatte
胸がつかえる むねがつかえる munegatsukaeru
胸をときめかす むねをときめかす munewotokimekasu
歯止めをかける はどめをかける hadomewokakeru
暇に飽かす ひまにあかす himaniakasu
一泡吹かせる ひとあわふかせる hitoawahukaseru
ピンからキリまで ぴんからきりまで pinkarakirimade
懐が暖かい ふところがあたたかい hutokorogaatatakai
褌を締めてかかる ふんどしをしめてかかる hundoshiwoshimetekakaru
臍で茶を沸かす へそでちゃをわかす hesodechawowakasu
吠える犬は噛み付かぬ ほえるいぬはかみつかぬ hoeruinuhakamitsukanu
右の耳から左の耳 みぎのみみからひだりのみみ miginomimikarahidarinomimi

右から左 みぎからひだり migikarahidari
善かれ悪しかれ よかれあしかれ yokareashikare
頭の天辺から足の爪先まで あたまのてっぺんからあしのつまさきまで atamanoteppenkaraashinotsumasakimade
浮かぶ瀬がない うかぶせがない ukabuseganai
浮かぬ顔 うかぬかお ukanukao
裏をかく うらをかく urawokaku
現を抜かす うつつをぬかす utsutsuwonukasu
腕に縒りをかける うでによりをかける udeniyoriwokakeru
縁もゆかりも無い えんもゆかりもない enmoyukarimonai
エンジンが掛かる えんじんがかかる enzingakakaru
及びもつかない およびもつかない oyobimotsukanai
お目に掛かる おめにかかる omenikakaru
おべっかを使う おべっかをつかう obekkawotsukau
一から十まで いちからじゅうまで ichikarajuumade
いかもの食い いかものぐい ikamonogui
頭から水を浴びたよう あたまからみずをあびたよう atamakaramizuwoabitayou
胡坐をかく あぐらをかく agurawokaku
蟻の穴から堤も崩れる ありのあなからつつみもくずれる arinoanakaratsutsumimokuzureru
愛想を尽かす あいそをつかす aisowotsukasu
足が地に着かない あしがちにつかない ashigachinitsukanai

息が掛かる いきがかかる ikigakakaru
言うも愚か いうもおろか iumooroka
言い掛かりを付ける いいがかりをつける iigakariwotsukeru
一か八か いちかばちか ichikabachika
いずれ菖蒲か杜若 いずれあやめかかきつばた izureayamekakakitsubata
臆病風に吹かれる おくびょうかぜにふかれる okubyoukazenihukareru
多かれ少なかれ おおかれすくなかれ ookaresukunakare
御眼鏡にかなう おめがねにかなう omeganenikanau
愚にも付かない ぐにもつかない gunimotsukanai
食って掛かる くってかかる kuttekakaru
口が掛かる くちがかかる kuchigakakaru
口から先に生まれる くちからさきにうまれる kuchikarasakiniumareru
食うか食われるか くうかくわれるか kuukakuwareruka
暗がりから牛 くらがりからうし kuragarikaraushi
小鼻をうごめかす こばなをうごめかす kobanawougomekasu
小手をかざす こてをかざす kotewokazasu
心を動かす こころをうごかす kokorowougokasu
心惹かれる こころひかれる kokorohikareru
気に掛かる きにかかる kinikakaru
木目が細かい きめがこまかい kimegakomakai

御座敷がかかる おざしきがかかる ozashikigakakaru
王手をかける おうてをかける outewokakeru
かちんと来る かちんとくる kachintokuru
肩に掛かる かたにかかる katanikakaru
顔をしかめる かおをしかめる kaowoshikameru
合点がいかない がてんがいかない gatengaikanai
顔から火が出る かおからひがでる kaokarahigaderu
顔色をうかがう かおいろをうかがう kaoirowoukagau
肩透かしを食う かたすかしをくう katasukashiwokuu
気を利かせる きをきかせる kiwokikaseru
心に浮かぶ こころにうかぶ kokoroniukabu

「か」を含む姓名、名前や地名

「か」を含む有名人の苗字・名前一覧

「か」の書き方・書き順・画数

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今日の俗語:
チキる

今週の時事ニュース漢字:
山本 新木 森田 白石 憂国

スポンサードリンク

トップへ戻る