四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ことわざ

赤貧洗うが如し せきひんあらうがごとし
sekihinaraugagotoshi
去る者は日々に疎し さるものはひびにうとし
sarumonohahibiniutoshi
侍二言なし さむらいにごんなし
samurainigonnashi
差し出る杭は打たれる さしでるくいはうたれる
sashiderukuihautareru
ごまめの歯ぎしり ごまめのはぎしり
gomamenohagishiri
五臓六腑にしみわたる ごぞうろっぷにしみわたる
gozouroppunishimiwataru
五十にして天命を知る ごじゅうにしててんめいをしる
gojuunishitetenmeiwoshiru
狡兎死して走狗烹らる こうとししてそうくにらる
koutoshishitesoukuniraru
後生畏るべし こうせいおそるべし
kouseiosorubeshi
恒産なくして恒心なし こうさんなくしてこうしんなし
kousannakushitekoushinnashi
孝行のしたい時分に親はなし こうこうのしたいじぶんにおやはなし
koukounoshitaizibunnioyahanashi
三遍回って煙草にしょ さんべんまわってたばこにしょ
sanbenmawattetabakonisho
鹿を指して馬と為す しかをさしてうまとなす
shikawosashiteumatonasu
人生朝露の如し じんせいちょうろのごとし
zinseichouronogotoshi
知らぬ神に祟りなし しらぬかみにたたりなし
shiranukaminitatarinashi
小の虫を殺して大の虫を助ける しょうのむしをころしてだいのむしをたすける
shounomushiwokoroshitedainomushiwotasukeru
少年老い易く学成り難し しょうねんおいやすくがくなりがたし
shounenoiyasukugakunarigatashi
小人閑居して不善をなす しょうじんかんきょしてふぜんをなす
shouzinkankyoshitehuzenwonasu
蛇は寸にして人を呑む じゃはすんにしてひとをのむ
jahasunnishitehitowonomu
しのぎを削る しのぎをけずる
shinogiwokezuru

親しき仲にも礼儀あり したしきなかにもれいぎあり
shitashikinakanimoreigiari
四十にして惑わず しじゅうにしてまどわず
shijuunishitemadowazu
獅子の子落とし ししのこおとし
shishinokootoshi
巧言令色鮮し仁 こうげんれいしょくすくなしじん
kougenreishokusukunashizin
剛毅木訥仁に近し ごうきぼくとつじんにちかし
goukibokutotsuzinnichikashi
光陰矢のごとし こういんやのごとし
kouinyanogotoshi
渇して井を穿つ かっしていをうがつ
kasshiteiwougatsu
苛政は虎よりも猛し かせいはとらよりもたけし
kaseihatorayorimotakeshi
学問に王道なし がくもんにおうどうなし
gakumonnioudounashi
女三人寄れば姦しい おんなさんにんよればかしましい
onnasanninyorebakashimashii
終わりよければすべてよし おわりよければすべてよし
owariyokerebasubeteyoshi
お前百までわしゃ九十九まで おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで
omaehyakumadewashakujuukumade
帯に短し襷に長し おびにみじかしたすきにながし
obinimizikashitasukininagashi
驕る平家は久しからず おごるへいけはひさしからず
ogoruheikehahisashikarazu
送る月日に関守なし おくるつきひにせきもりなし
okurutsukihinisekimorinashi
縁なき衆生は度し難し えんなきしゅじょうはどしがたし
ennakishujouhadoshigatashi
渇しても盗泉の水を飲まず かっしてもとうせんのみずをのまず
kasshitemotousennomizuwonomazu
禍福は糾える縄の如し かふくはあざなえるなわのごとし
kahukuhaazanaerunawanogotoshi
兄たり難く弟たり難し けいたりがたくていたりがたし
keitarigatakuteitarigatashi
芸術は長く人生は短し げいじゅつはながくじんせいはみじかし
geijutsuhanagakuzinseihamizikashi

君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず くんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず
kunshihawashitedouzezu、shouzinhadouzitewasezu
君子の交わりは淡きこと水の如し くんしのまじわりはあわきことみずのごとし
kunshinomaziwarihaawakikotomizunogotoshi
驥は一日にして千里なるも、駑馬も十駕すれば之に及ぶ きはいちにちにしてせんりなるも、どばもじゅうがすればこれにおよぶ
kihaichinichinishitesenrinarumo、dobamojuugasurebakorenioyobu
帰心矢の如し きしんやのごとし
kishinyanogotoshi
奇貨居くべし きかおくべし
kikaokubeshi
看板に偽りなし かんばんにいつわりなし
kanbanniitsuwarinashi
空馬に怪我なし からうまにけがなし
karaumanikeganashi
噛む馬はしまいまで噛む かむうまはしまいまでかむ
kamuumahashimaimadekamu
江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ えどっこはよいごしのぜにはもたぬ
edokkohayoigoshinozenihamotanu
和を以て貴しとなす わをもってとうとしとなす
wawomottetoutoshitonasu
本木に勝る末木なし もときにまさるうらきなし
motokinimasaruurakinashi
沐猴にして冠す もっこうにしてかんす
mokkounishitekansu
目白押し めじろおし
mezirooshi
名物に旨い物なし めいぶつにうまいものなし
meibutsuniumaimononashi
枕を高くして寝る まくらをたかくしてねる
makurawotakakushiteneru
蛇の生殺しは人を噛む へびのなまごろしはひとをかむ
hebinonamagoroshihahitowokamu
蛇の生殺し へびのなまごろし
hebinonamagoroshi
蛇に足無し魚に耳無し へびにあしなしうおにみみなし
hebiniashinashiuonimiminashi
文はやりたし書く手は持たぬ ふみはやりたしかくてはもたぬ
humihayaritashikakutehamotanu
河豚は食いたし命は惜しし ふぐはくいたしいのちはおしし
huguhakuitashiinochihaoshishi

物言えば唇寒し秋の風 ものいえばくちびるさむしあきのかぜ
monoiebakuchibirusamushiakinokaze
野鶴の鶏群に在るが如し やかくのけいぐんにあるがごとし
yakakunokeigunniarugagotoshi
渡る世間に鬼はなし わたるせけんにおにはなし
watarusekennionihanashi
和して同ぜず わしてどうぜず
washitedouzezu
我が物と思えば軽し笠の雪 わがものとおもえばかろしかさのゆき
wagamonotoomoebakaroshikasanoyuki
ローマは一日にして成らず ろーまはいちにちにしてならず
roーmahaichinichinishitenarazu
労多くして功少なし ろうおおくしてこうすくなし
rouookushitekousukunashi
綸言汗の如し りんげんあせのごとし
ringenasenogotoshi
由らしむべし、知らしむべからず よらしむべし、しらしむべからず
yorashimubeshi、shirashimubekarazu
輿馬を仮る者は足を労せずして千里を致す よばをかるものはあしをろうせずしてせんりをいたす
yobawokarumonohaashiworousezushitesenriwoitasu
勇将の下に弱卒なし ゆうしょうのもとにじゃくそつなし
yuushounomotonijakusotsunashi
痩せ馬の声嚇し やせうまのこえおどし
yaseumanokoeodoshi
百聞は一見にしかず ひゃくぶんはいっけんにしかず
hyakubunhaikkennishikazu
庇を貸して母屋を取られる ひさしをかしておもやをとられる
hisashiwokashiteomoyawotorareru
日暮れて道遠し ひくれてみちとおし
hikuretemichitooshi
知恵は小出しにせよ ちえはこだしにせよ
chiehakodashiniseyo
民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず
tamihakoreniyorashimubeshi、korewoshirashimubekarazu
玉磨かざれば光なし たまみがかざればひかりなし
tamamigakazarebahikarinashi
他山の石以て玉を攻むべし たざんのいしもってたまをおさむべし
tazannoishimottetamawoosamubeshi
大智は愚の如し だいちはぐのごとし
daichihagunogotoshi

大山鳴動して鼠一匹 たいざんめいどうしてねずみいっぴき
taizanmeidoushitenezumiippiki
大巧は拙なるが若し たいこうはせつなるがごとし
taikouhasetsunarugagotoshi
大賢は愚なるが如し たいけんはぐなるがごとし
taikenhagunarugagotoshi
創業は易く守成は難し そうぎょうはやすくしゅせいはかたし
sougyouhayasukushuseihakatashi
船頭多くして船山に上る せんどうおおくしてふねやまにのぼる
sendouookushitehuneyamaninoboru
月日に関守なし つきひにせきもりなし
tsukihinisekimorinashi
天網恢恢疎にして漏らさず てんもうかいかいそにしてもらさず
tenmoukaikaisonishitemorasazu
贔屓の引き倒し ひいきのひきだおし
hiikinohikidaoshi
始めは処女の如く後は脱兎の如し はじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし
hazimehashojonogotokunochihadattonogotoshi
薄氷を履むが如し はくひょうをふむがごとし
hakuhyouwohumugagotoshi
軒を貸して母屋を取られる のきをかしておもやをとられる
nokiwokashiteomoyawotorareru
女房と畳は新しい方が良い にょうぼうとたたみはあたらしいほうがよい
nyouboutotatamihaatarashiihougayoi
苦虫を噛み潰したよう にがむしをかみつぶしたよう
nigamushiwokamitsubushitayou
逃がした魚は大きい にがしたさかなはおおきい
nigashitasakanahaookii
生殺しの蛇に噛まれる なまごろしのへびにかまれる
namagoroshinohebinikamareru
虎は死して皮を留め、人は死して名を残す とらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす
torahashishitekawawotodome、hitohashishitenawonokosu
塗炭の苦しみ とたんのくるしみ
totannokurushimi
栴檀は双葉より芳し せんだんはふたばよりかんばし
sendanhahutabayorikanbashi
馬を買わんと欲してまず牛を問う うまをかわんとほっしてまずうしをとう
umawokawantohosshitemazuushiwotou
案ずるより産むが易し あんずるよりうむがやすし
anzuruyoriumugayasushi

盗人猛猛しい ぬすっとたけだけしい
nusuttotakedakeshii
話し上手は聞き上手 はなしじょうずはききじょうず
hanashijouzuhakikijouzu
百害あって一利なし ひゃくがいあっていちりなし
hyakugaiatteichirinashi
貧乏暇なし びんぼうひまなし
binbouhimanashi
ペンは剣よりも強し ぺんはけんよりもつよし
penhakenyorimotsuyoshi
物は試し ものはためし
monohatameshi
良薬は口に苦し りょうやくはくちににがし
ryouyakuhakuchininigashi
ローマは一日にしてならず ろーまはいちにちにしてならず
roーmahaichinichinishitenarazu
頭隠して尻隠さず あたまかくしてしりかくさず
atamakakushiteshirikakusazu
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし
hitonoisshouhaomoniwooutetookimichiwoyukugagotoshi
逃した魚は大きい のがしたさかなはおおきい
nogashitasakanahaookii
灯台下暗し とうだいもとぐらし
toudaimotogurashi
損して得取れ そんしてとくとれ
sonshitetokutore
言うはやすし行うは難し いうはやすしおこなうはかたし
iuhayasushiokonauhakatashi
美しい花には刺がある うつくしいはなにはとげがある
utsukushiihananihatogegaaru
終わりよければ全てよし おわりよければすべてよし
owariyokerebasubeteyoshi
苦しい時の神頼み くるしいときのかみだのみ
kurushiitokinokamidanomi
光陰矢の如し こういんやのごとし
kouinyanogotoshi
好事魔多し こうじまおおし
kouzimaooshi
触らぬ神に祟りなし さわらぬかみにたたりなし
sawaranukaminitatarinashi

親しき仲に礼儀あり したしきなかにれいぎあり
shitashikinakanireigiari
死人に口なし しにんにくちなし
shininnikuchinashi
人事を尽くして天命を待つ じんじをつくしててんめいをまつ
zinziwotsukushitetenmeiwomatsu
心頭を滅却すれば火もまた涼し しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし
shintouwomekkyakusurebahimomatasuzushi
新しい酒は新しい革袋に盛れ あたらしいさけはあたらしいかわぶくろにもれ
atarashiisakehaatarashiikawabukuronimore
居候三杯目にはそっと出し いそうろうさんばいめにはそっとだし
isourousanbaimenihasottodashi
家貧しくして孝子顕る いえまずしくしてこうしあらわる
iemazushikushitekoushiarawaru
言うは易く行うは難し いうはやすくおこなうはかたし
iuhayasukuokonauhakatashi
鞍上人なく、鞍下馬なし あんじょうひとなく、あんかうまなし
anjouhitonaku、ankaumanashi
悪に強ければ善にも強し あくにつよければぜんにもつよし
akunitsuyokerebazennimotsuyoshi
柳に雪折れなし やなぎにゆきおれなし
yanaginiyukiorenashi
暖簾に腕押し のれんにうでおし
norenniudeoshi
盗人猛々しい ぬすっとたけだけしい
nusuttotakedakeshii
青は藍より出でて藍より青し あおはあいよりいでてあいよりあおし
aohaaiyoriideteaiyoriaoshi
備えあれば憂いなし そなえあればうれいなし
sonaearebaureinashi
過ぎたるは猶及ばざるが如し すぎたるはなおおよばざるがごとし
sugitaruhanaooyobazarugagotoshi
秋の日は釣瓶落とし あきのひはつるべおとし
akinohihatsurubeotoshi
痛し痒し いたしかゆし
itashikayushi
命長ければ恥多し いのちながければはじおおし
inochinagakerebahaziooshi
烏頭白くして馬角を生ず うとうしろくしてうまつのをしょうず
utoushirokushiteumatsunowoshouzu

牛に対して琴を弾ず うしにたいしてことをだんず
ushinitaishitekotowodanzu
魚の水を得たるが如し うおのみずをえたるがごとし
uonomizuwoetarugagotoshi
馬を崋山の陽に帰し、牛を桃林の野に放つ うまをかざんのみなみにきし、うしをとうりんのやにはなつ
umawokazannominaminikishi、ushiwotourinnoyanihanatsu
愛しき子には旅をさせよ いとしきこにはたびをさせよ
itoshikikonihatabiwosaseyo
一文惜しみの百知らず いちもんおしみのひゃくしらず
ichimonoshiminohyakushirazu
一馬の奔る、一毛の動かざるは無し いちばのはしる、いちもうのうごかざるはなし
ichibanohashiru、ichimounougokazaruhanashi
一言既に出ずれば駟馬も追い難し いちごんすでにいずればしばもおいがたし
ichigonsudeniizurebashibamooigatashi
一押し二金三男 いちおしにかねさんおとこ
ichioshinikanesanotoko
馬痩せて毛長し うまやせてけながし
umayasetekenagashi

慣用句

仇を恩にして報ずる あだをおんにしてほうじる
adawoonnishitehouziru
押しが強い おしがつよい
oshigatsuyoi
顔色無し がんしょくなし
ganshokunashi
鸚鵡返し おうむがえし
oumugaeshi
顔をしかめる かおをしかめる
kaowoshikameru
押しも押されもせぬ おしもおされもせぬ
oshimoosaremosenu
折り目正しい おりめただしい
orimetadashii
好い顔をしない いいかおをしない
iikaowoshinai
いぶし銀 いぶしぎん
ibushigin
曰く言い難し いわくいいがたし
iwakuiigatashi
出しに使う だしにつかう
dashinitsukau

振り出しに戻る ふりだしにもどる
huridashinimodoru
可もなく不可もなし かもなくふかもなし
kamonakuhukamonashi
風の吹き回し かぜのふきまわし
kazenohukimawashi
抜き差しならない ぬきさしならない
nukisashinaranai
根回しする ねまわしする
nemawashisuru
のべつ幕無し のべつまくなし
nobetsumakunashi
万難を排して ばんなんをはいして
bannanwohaishite
鼻っ柱をへし折る はなっぱしらをへしおる
hanappashirawoheshioru
箸の上げ下ろし はしのあげおろし
hashinoageoroshi
鼻であしらう はなであしらう
hanadeashirau
歯を食いしばる はをくいしばる
hawokuishibaru
懐が寂しい ふところがさびしい
hutokorogasabishii
骨身を惜しまず ほねみをおしまず
honemiwooshimazu
まんじりともしない まんじりともしない
manziritomoshinai
物ともしない ものともしない
monotomoshinai
善かれ悪しかれ よかれあしかれ
yokareashikare
横の物を縦にもしない よこのものをたてにもしない
yokonomonowotatenimoshinai
良きにつけ悪しきにつけ よきにつけあしきにつけ
yokinitsukeashikinitsuke
歴とした れっきとした
rekkitoshita
無きにしも非ず なきにしもあらず
nakinishimoarazu

名にし負う なにしおう
nanishiou
肩透かしを食う かたすかしをくう
katasukashiwokuu
聞きしに勝る ききしにまさる
kikishinimasaru
雲行きが怪しい くもゆきがあやしい
kumoyukigaayashii
これ見よがし これみよがし
koremiyogashi
柿落とし こけらおとし
kokeraotoshi
察しがつく さっしがつく
sasshigatsuku
新規蒔き直し しんきまきなおし
shinkimakinaoshi
示しがつかない しめしがつかない
shimeshigatsukanai
しっぺ返し しっぺがえし
shippegaeshi
将棋倒し しょうぎだおし
shougidaoshi
涼しい顔 すずしいかお
suzushiikao
寸暇を惜しむ すんかをおしむ
sunkawooshimu
縦のものを横にもしない たてのものをよこにもしない
tatenomonowoyokonimoshinai
出しにする だしにする
dashinisuru
潰しが効く つぶしがきく
tsubushigakiku
手を差し伸べる てをさしのべる
tewosashinoberu
労を惜しまない ろうをおしまない
rouwooshimanai

「し」を含む姓名、名前や地名

「し」を含む有名人の苗字・名前一覧

「し」の書き方・書き順・画数

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今日の俗語 💬
「シャバい」の使い方

今週の時事ニュース漢字 📺
大谷翔平  

スポンサードリンク

トップへ戻る