四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ことわざ

明日は明日の風が吹く あしたはあしたのかぜがふく ashitahaashitanokazegahuku
焼け木杭に火がつく やけぼっくいにひがつく yakebokkuinihigatsuku
目に入れても痛くない めにいれてもいたくない meniiretemoitakunai
見ると聞くとは大違い みるときくとはおおちがい mirutokikutohaoochigai
寝首をかく ねくびをかく nekubiwokaku
二足のわらじを履く にそくのわらじをはく nisokunowaraziwohaku
泣くまで待とう時鳥 なくまでまとうほととぎす nakumadematouhototogisu
泣く子は育つ なくこはそだつ nakukohasodatsu
人事を尽くして天命を待つ じんじをつくしててんめいをまつ zinziwotsukushitetenmeiwomatsu
朱に交われば赤くなる しゅにまじわればあかくなる shunimaziwarebaakakunaru
生き馬の目を抜く いきうまのめをぬく ikiumanomewonuku
鴨が葱を背負ってくる かもがねぎをしょってくる kamoganegiwoshottekuru
痒い所に手が届く かゆいところにてがとどく kayuitokoronitegatodoku
閑古鳥が鳴く かんこどりがなく kankodoriganaku
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ kikuhaittokinohazi、kikanuhaisshounohazi
重箱の隅をつつく じゅうばこのすみをつつく juubakonosumiwotsutsuku

慣用句

箔が付く はくがつく hakugatsuku
話に花が咲く はなしにはながさく hanashinihanagasaku
腸が煮えくり返る はらわたがにえくりかえる harawataganiekurikaeru
旗を巻く はたをまく hatawomaku

鼻が利く はながきく hanagakiku
話が付く はなしがつく hanashigatsuku
念頭に置く ねんとうにおく nentounioku
螺子を巻く ねじをまく neziwomaku
泣く子も黙る なくこもだまる nakukomodamaru
はかが行く はかがゆく hakagayuku
鼻に付く はなにつく hananitsuku
筆をおく ふでをおく hudewooku
踏ん切りがつく ふんぎりがつく hungirigatsuku
火が付く ひがつく higatsuku
火を吹く ひをふく hiwohuku
人目に付く ひとめにつく hitomenitsuku
人目を引く ひとめをひく hitomewohiku
膝を叩く ひざをたたく hizawotataku
鼻を突く はなをつく hanawotsuku
歯が浮く はがうく hagauku
何くれと無く なにくれとなく nanikuretonaku
度肝を抜く どぎもをぬく dogimowonuku
手を引く てをひく tewohiku
手を焼く てをやく tewoyaku

天を衝く てんをつく tenwotsuku
潰しが効く つぶしがきく tsubushigakiku
宙に浮く ちゅうにうく chuuniuku
緒に就く ちょにつく chonitsuku
種を蒔く たねをまく tanewomaku
盾を突く たてをつく tatewotsuku
手を抜く てをぬく tewonuku
手を拱く てをこまねく tewokomaneku
出端を挫く ではなをくじく(でばなをくじく) dehanawokuziku(debanawokuziku)
床に就く とこにつく tokonitsuku
泥を吐く どろをはく dorowohaku
得心が行く とくしんがいく tokushingaiku
何処吹く風 どこふくかぜ dokohukukaze
手を尽くす てをつくす tewotsukusu
手が空く てがあく tegaaku
手が届く てがとどく tegatodoku
手ぐすねを引く てぐすねをひく tegusunewohiku
底を突く そこをつく sokowotsuku
不意を突く ふいをつく huiwotsuku
取り付く島もない とりつくしまもない toritsukushimamonai

目が利く めがきく megakiku
目くじらを立てる めくじらをたてる mekuzirawotateru
目に付く めにつく menitsuku
目の前が暗くなる めのまえがくらくなる menomaegakurakunaru
目もくれない めもくれない memokurenai
目を引く めをひく mewohiku
目を丸くする めをまるくする mewomarukusuru
目頭が熱くなる めがしらがあつくなる megashiragaatsukunaru
門を叩く もんをたたく monwotataku
物心が付く ものごころがつく monogokorogatsuku
易きに付く やすきにつく yasukinitsuku
レールを敷く れーるをしく reーruwoshiku
横を向く よこをむく yokowomuku
弱音を吐く よわねをはく yowanewohaku
指をくわえる ゆびをくわえる yubiwokuwaeru
夢を抱く ゆめをいだく yumewoidaku
夢を描く ゆめをえがく yumewoegaku
雪を欺く ゆきをあざむく yukiwoazamuku
弓を引く ゆみをひく yumiwohiku
目が届く めがとどく megatodoku

目処が付く めどがつく medogatsuku
三つ指をつく みつゆびをつく mitsuyubiwotsuku
身に付く みにつく minitsuku
耳をくすぐる みみをくすぐる mimiwokusuguru
耳を劈く みみをつんざく mimiwotsunzaku
身を砕く みをくだく miwokudaku
眉を開く まゆをひらく mayuwohiraku
法螺を吹く ほらをふく horawohuku
ベストを尽くす べすとをつくす besutowotsukusu
水があく みずがあく mizugaaku
耳に付く みみにつく miminitsuku
胸を突く むねをつく munewotsuku
目鼻が付く めはながつく mehanagatsuku
芽を吹く めをふく mewohuku
目を剥く めをむく mewomuku
目先が利く めさきがきく mesakigakiku
目端が利く めはしがきく mehashigakiku
胸がすく むねがすく munegasuku
胸に手を置く むねにてをおく munenitewooku
胸を熱くする むねをあつくする munewoatsukusuru

減らず口を叩く へらずぐちをたたく herazuguchiwotataku
算盤を弾く そろばんをはじく sorobanwohaziku
枯れ木に花咲く かれきにはなさく karekinihanasaku
尾を引く おをひく owohiku
板に付く いたにつく itanitsuku
腕を磨く うでをみがく udewomigaku
腕を拱く うでをこまぬく udewokomanuku
裏をかく うらをかく urawokaku
糸を引く いとをひく itowohiku
息を抜く いきをぬく ikiwonuku
痛くもない腹を探られる いたくもないはらをさぐられる itakumonaiharawosagurareru
重きを置く おもきをおく omokiwooku
尾鰭が付く おひれがつく ohiregatsuku
大口を叩く おおぐちをたたく ooguchiwotataku
肩が軽くなる かたがかるくなる katagakarukunaru
方が付く かたがつく katagatsuku
蚊の鳴くような声 かのなくようなこえ kanonakuyounakoe
おくびにも出さない おくびにもださない okubinimodasanai
大きな口をきく おおきなくちをきく ookinakuchiwokiku
臆面もなく おくめんもなく okumenmonaku

お高くとまる おたかくとまる otakakutomaru
音に聞く おとにきく otonikiku
意表を突く いひょうをつく ihyouwotsuku
至れり尽くせり いたれりつくせり itareritsukuseri
後を引く あとをひく atowohiku
穴があく あながあく anagaaku
足が向く あしがむく ashigamuku
赤信号が付く あかしんごうがつく akashingougatsuku
穴のあくほど あなのあくほど ananoakuhodo
胡坐をかく あぐらをかく agurawokaku
足が遠のく あしがとおのく ashigatoonoku
頭を掻く あたまをかく atamawokaku
足が付く あしがつく ashigatsuku
あくせくする あくせくする akusekusuru
頭にくる あたまにくる atamanikuru
一目置く いちもくおく ichimokuoku
一も二もなく いちもにもなく ichimonimonaku
息をつく いきをつく ikiwotsuku
痛い所を衝く いたいところをつく itaitokorowotsuku
痛くも痒くも無い いたくもかゆくもない itakumokayukumonai

曰く言い難し いわくいいがたし iwakuiigatashi
意を尽くす いをつくす iwotsukusu
意を強くする いをつよくする iwotsuyokusuru
甘く見る あまくみる amakumiru
可もなく不可もなし かもなくふかもなし kamonakuhukamonashi
そっぽを向く そっぽをむく soppowomuku
心が動く こころがうごく kokorogaugoku
心に描く こころにえがく kokoroniegaku
心に響く こころにひびく kokoronihibiku
言葉を尽くす ことばをつくす kotobawotsukusu
小回りが利く こまわりがきく komawarigakiku
心を砕く こころをくだく kokorowokudaku
煙に巻く けむにまく kemunimaku
口が酸っぱくなる くちがすっぱくなる kuchigasuppakunaru
察しがつく さっしがつく sasshigatsuku
尻をまくる しりをまくる shiriwomakuru
死力を尽くす しりょくをつくす shiryokuwotsukusu
背筋が寒くなる せすじがさむくなる sesuzigasamukunaru
世話を焼く せわをやく sewawoyaku
舌を巻く したをまく shitawomaku

尻に敷く しりにしく shirinishiku
尻に火が付く しりにひがつく shirinihigatsuku
尻を叩く しりをたたく shiriwotataku
尻尾を巻く しっぽをまく shippowomaku
地で行く じでゆく zideyuku
口を利く くちをきく kuchiwokiku
群を抜く ぐんをぬく gunwonuku
気が利く きがきく kigakiku
気が向く きがむく kigamuku
聞く耳を持たない きくみみをもたない kikumimiwomotanai
牙を剥く きばをむく kibawomuku
気を引く きをひく kiwohiku
気を良くする きをよくする kiwoyokusuru
気を悪くする きをわるくする kiwowarukusuru
肝胆を砕く かんたんをくだく kantanwokudaku
気を吐く きをはく kiwohaku
虚を衝く きょをつく kyowotsuku
気が遠くなる きがとおくなる kigatookunaru
首を長くする くびをながくする kubiwonagakusuru
雲を衝く くもをつく kumowotsuku

口を酸っぱくする くちをすっぱくする kuchiwosuppakusuru
口を開く くちをひらく kuchiwohiraku
苦もなく くもなく kumonaku
綺羅星の如く きらほしのごとく kirahoshinogotoku
気が急く きがせく kigaseku
気が付く きがつく kigatsuku
顔が利く かおがきく kaogakiku

「く」を含む姓名、名前や地名

「く」を含む有名人の苗字・名前一覧

「く」の書き方・書き順・画数

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今週の時事ニュース漢字:
静河 光石 二階 賀来

スポンサードリンク

トップへ戻る