例文・使い方一覧でみる「不自由な」の意味


スポンサードリンク

...お前の体が不自由なのを見かけて云ふようで済まんが...   お前の体が不自由なのを見かけて云ふようで済まんがの読み方
伊藤野枝 「火つけ彦七」

...肝心の佐佐木は見えないものに縛られたやうな不自由な立ち場にあり...   肝心の佐佐木は見えないものに縛られたやうな不自由な立ち場にありの読み方
宇野浩二 「思ひ出すままに」

...私達はこの不自由な逢瀬(おうせ)を続けた...   私達はこの不自由な逢瀬を続けたの読み方
江戸川乱歩 「孤島の鬼」

...一寸(ちよつと)の間(ま)も不自由な思ひをしないことはない...   一寸の間も不自由な思ひをしないことはないの読み方
薄田泣菫 「茶話」

...家の者同様に不自由な彼の身のまわりの世話などしてやっていた...   家の者同様に不自由な彼の身のまわりの世話などしてやっていたの読み方
相馬愛蔵、相馬黒光 「一商人として」

...なに不自由なくお育ちになつて...   なに不自由なくお育ちになつての読み方
太宰治 「火の鳥」

...その不自由な母親のもとからこの少年をよびつけたこともわすれて...   その不自由な母親のもとからこの少年をよびつけたこともわすれての読み方
橘外男 「亡霊怪猫屋敷」

...最も不自由なのはラジオである...   最も不自由なのはラジオであるの読み方
戸坂潤 「世界の一環としての日本」

...それでも何か不自由な物はありませんかと...   それでも何か不自由な物はありませんかとの読み方
豊島与志雄 「自由人」

...「足が不自由なのは不便だわ...   「足が不自由なのは不便だわの読み方
豊島与志雄 「土地に還る」

...世間並みの盲目(めくら)のように不自由な思いは致しません」「それでも...   世間並みの盲目のように不自由な思いは致しません」「それでもの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...細君は毛布を撥ねのけて不自由な足で寢臺を飛び出さうとしたんです...   細君は毛布を撥ねのけて不自由な足で寢臺を飛び出さうとしたんですの読み方
南部修太郎 「死の接吻」

...鉄砲の不自由な時代には...   鉄砲の不自由な時代にはの読み方
野村胡堂 「銭形平次捕物控」

...書籍に不自由なし...   書籍に不自由なしの読み方
福沢諭吉 「学校の説」

...私のような体の不自由な小男が二輪馬車に乗るなんて...   私のような体の不自由な小男が二輪馬車に乗るなんての読み方
フレッド・M・ホワイト Fred M. White 奥増夫訳 「くちなしの花」

...さう思へば水の不自由なくらゐは忍んでもいゝのであつた...   さう思へば水の不自由なくらゐは忍んでもいゝのであつたの読み方
正宗白鳥 「水不足」

...自分は長火鉢の側に不自由な身體(からだ)を横にしたまま...   自分は長火鉢の側に不自由な身體を横にしたままの読み方
水上瀧太郎 「貝殼追放」

...何より彼の菩提心に気懸りとなるのは身の不自由な兄の半生...   何より彼の菩提心に気懸りとなるのは身の不自由な兄の半生の読み方
吉川英治 「剣難女難」

「不自由な」の書き方・書き順

いろんなフォントで「不自由な」


ランダム例文:
反逆的な   轍を踏む     

全国にある祇園祭りの意味・「祇園」の由来とは?

便利!手書き漢字入力検索

この漢字は何でしょう?

時事ニュース漢字 📺
黄金時代   離岸流   爆笑問題  

スポンサードリンク

トップへ戻る