例文・使い方一覧でみる「祓」の意味


スポンサードリンク

...生剥(いけはぎ)・逆剥(さかはぎ)・畦離(あはな)ち・溝埋(みぞう)め・屎戸(くそへ)・不倫の結婚の罪の類を求めて大(おおばらえ)してこれを清め...   生剥・逆剥・畦離ち・溝埋め・屎戸・不倫の結婚の罪の類を求めて大祓してこれを清めの読み方
稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳 「古事記」

...「今日は此處に留まつて禊(はらい)をして...   「今日は此處に留まつて禊祓をしての読み方
稗田の阿禮、太の安萬侶 武田祐吉訳 「古事記」

...豆をご馳走(ちそう)しお初穂(はつほ)を上げてお(はら)いをしたものである)...   豆をご馳走しお初穂を上げてお祓いをしたものである)の読み方
高村光雲 「幕末維新懐古談」

...玄妙観へ往って魏法師にこの怪事を(はろ)うてくれと頼んだ...   玄妙観へ往って魏法師にこの怪事を祓うてくれと頼んだの読み方
田中貢太郎 「牡丹燈籠 牡丹燈記」

...わき目もふらず殿(はらいでん)の方へと下りて行きます...   わき目もふらず祓殿の方へと下りて行きますの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...ドリャお(はら)いをして進ぜよう」と言って元気に老神主は立って...   ドリャお祓いをして進ぜよう」と言って元気に老神主は立っての読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...施餓鬼(せがき)とお(はら)いの翌日のことでありました...   施餓鬼とお祓いの翌日のことでありましたの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...それに直ぐ後で教会へ行っておいをして貰うから心配はないと言い...   それに直ぐ後で教会へ行ってお祓いをして貰うから心配はないと言いの読み方
中島敦 「南島譚」

...抑(そ)も潔身のとは上古穢(けが)れたる者を清めるに灌水法を行いしが...   抑も潔身の祓とは上古穢れたる者を清めるに灌水法を行いしがの読み方
福澤諭吉 「福翁自伝」

...勝はお經も嫌ひだし黒住(くろずみ)のお(はら)ひも嫌ぢや...   勝はお經も嫌ひだし黒住のお祓ひも嫌ぢやの読み方
正宗白鳥 「入江のほとり」

...そこで(はら)いをした...   そこで祓いをしたの読み方
紫式部 與謝野晶子訳 「源氏物語」

...大(おおはらえ)の祝詞(のりと)にも同じく畔放(あはなち)...   大祓の祝詞にも同じく畔放の読み方
柳田國男 「地名の研究」

...中臣(なかとみ)の詞(はらえことば)を見ますると...   中臣の祓詞を見まするとの読み方
柳田国男 「山の人生」

...屍鬼(しき)を(はら)い去った呉青秀は...   屍鬼を祓い去った呉青秀はの読み方
夢野久作 「ドグラ・マグラ」

...除(はらいよけ)...   祓除の読み方
吉川英治 「平の将門」

「祓」の読みかた

「祓」の書き方・書き順

いろんなフォントで「祓」

「祓」の英語の意味


ランダム例文:
コロネード   やり過ぎ   揉む  

便利!手書き漢字入力検索

今週の時事ニュース漢字:
大谷 翔平

スポンサードリンク

トップへ戻る