例文・使い方一覧でみる「歌舞音曲」の意味


スポンサードリンク

...歌舞音曲(かぶおんぎょく)がいずれの国...   歌舞音曲がいずれの国の読み方
大隈重信 「婦人問題解決の急務」

...歌舞音曲も別段客をもてなさうといふ露骨な意図でもつて行はれるのではない...   歌舞音曲も別段客をもてなさうといふ露骨な意図でもつて行はれるのではないの読み方
太宰治 「お伽草紙」

...歌舞音曲も別段客をもてなさうといふ露骨な意圖でもつて行はれるのではない...   歌舞音曲も別段客をもてなさうといふ露骨な意圖でもつて行はれるのではないの読み方
太宰治 「お伽草紙」

...歌舞音曲の芸能も優れ...   歌舞音曲の芸能も優れの読み方
田中貢太郎 「愛卿伝」

...歌舞音曲はその補助たりしや明かなり...   歌舞音曲はその補助たりしや明かなりの読み方
永井荷風 「江戸芸術論」

...同時に歌舞音曲の賑いはパッタリとやみ...   同時に歌舞音曲の賑いはパッタリとやみの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...やはり歌舞音曲に関することが多いので...   やはり歌舞音曲に関することが多いのでの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...歌舞音曲と酒池肉林の生活に沈湎(ちんめん)して居りました...   歌舞音曲と酒池肉林の生活に沈湎して居りましたの読み方
野村胡堂 「奇談クラブ〔戦後版〕」

...歌舞音曲の化神として現はれたのを見る毎に...   歌舞音曲の化神として現はれたのを見る毎にの読み方
原勝郎 「足利時代を論ず」

...茶屋が廻女(まわし)の雪駄(せつた)のおとに響き通へる歌舞音曲(おんぎよく)...   茶屋が廻女の雪駄のおとに響き通へる歌舞音曲の読み方
樋口一葉 「たけくらべ」

...茶屋(ちやゝ)が廻女(まわし)の雪駄(せつた)のおとに響(ひゞ)き通(かよ)へる歌舞音曲(かぶおんぎよく)うかれうかれて入込(いりこ)む人(ひと)の何(なに)を目當(めあて)と言問(ことゝ)はゞ...   茶屋が廻女の雪駄のおとに響き通へる歌舞音曲うかれうかれて入込む人の何を目當と言問はゞの読み方
樋口一葉 「たけくらべ」

...歌舞音曲その他一二を除いて...   歌舞音曲その他一二を除いての読み方
三宅花圃 「藪の鶯」

...但し如何なる種類の歌舞音曲であったかは的確に判明しないが...   但し如何なる種類の歌舞音曲であったかは的確に判明しないがの読み方
夢野久作 「梅津只圓翁伝」

...歌舞音曲の停(と)まること月余...   歌舞音曲の停まること月余の読み方
吉川英治 「三国志」

...歌舞音曲にまであらわれて...   歌舞音曲にまであらわれての読み方
吉川英治 「新書太閤記」

「歌舞音曲」の読みかた

「歌舞音曲」の書き方・書き順

いろんなフォントで「歌舞音曲」


ランダム例文:
鼓吹する   ヒューマニズム   夜警  

便利!手書き漢字入力検索

今週の時事ニュース漢字:
大谷 翔平

スポンサードリンク

トップへ戻る