例文・使い方一覧でみる「乱痴気」の意味


スポンサードリンク

...乱痴気(らんちき)...   乱痴気の読み方
江戸川乱歩 「江川蘭子」

...乱痴気騒ぎをやることもあった...   乱痴気騒ぎをやることもあったの読み方
ドストエーフスキイ 中山省三郎訳 「カラマゾフの兄弟」

...一緒になって唄うやら騒ぐやら大乱痴気(おおらんちき)...   一緒になって唄うやら騒ぐやら大乱痴気の読み方
久生十蘭 「顎十郎捕物帳」

...なかなる宴会はすでに大乱痴気になっている証拠...   なかなる宴会はすでに大乱痴気になっている証拠の読み方
久生十蘭 「魔都」

...茫然と手を束ねてこの乱痴気騒ぎを眺めていたのである...   茫然と手を束ねてこの乱痴気騒ぎを眺めていたのであるの読み方
久生十蘭 「魔都」

...これで乱痴気騒ぎは輪をかけて激烈となり...   これで乱痴気騒ぎは輪をかけて激烈となりの読み方
久生十蘭 「魔都」

...俺だって油断が出来ないからね」といって乱痴気騒ぎの方に流眄(ながしめ)をしながら...   俺だって油断が出来ないからね」といって乱痴気騒ぎの方に流眄をしながらの読み方
久生十蘭 「魔都」

...鉢叩や歩き白拍子(しらびょうし)を邸へ連れこんで乱痴気騒ぎをやらかす...   鉢叩や歩き白拍子を邸へ連れこんで乱痴気騒ぎをやらかすの読み方
久生十蘭 「無月物語」

...風聞(ふうぶん)ではロンドンにたびたびやって来て乱痴気騒ぎを起こしている...   風聞ではロンドンにたびたびやって来て乱痴気騒ぎを起こしているの読み方
フレッド・M・ホワイト Fred M. White 奥増夫訳 「諜報部秘話」

...賑やかに馬鹿騒ぎして乱痴気を行うほどに...   賑やかに馬鹿騒ぎして乱痴気を行うほどにの読み方
フレッド・M・ホワイト Fred M. White 奥増夫訳 「道化玉座」

...渦巻く自分の頭に至極ふさわしい乱痴気音楽に伴れて...   渦巻く自分の頭に至極ふさわしい乱痴気音楽に伴れての読み方
牧野信一 「熱い風」

...それツとばかりに雲のやうな見物の群が合の手を合唱する大乱痴気に浮されて...   それツとばかりに雲のやうな見物の群が合の手を合唱する大乱痴気に浮されての読み方
牧野信一 「鬼涙村」

...手に手に携へた羊角型の酒壺(ジーランド)を喇叭と鳴し喇叭呑みの乱痴気騒ぎに涌き立つて...   手に手に携へた羊角型の酒壺を喇叭と鳴し喇叭呑みの乱痴気騒ぎに涌き立つての読み方
牧野信一 「バラルダ物語」

...踊れや踊れといふ大乱痴気の酒盛の最中でした...   踊れや踊れといふ大乱痴気の酒盛の最中でしたの読み方
牧野信一 「船の中の鼠」

...白粉(おしろい)剥(は)げの女の寝顔とを――ゆうべの乱痴気を戸閉(とざ)したままな六畳間に――ぽかっと沼の水死人みたいに二ツ浮かせていた...   白粉剥げの女の寝顔とを――ゆうべの乱痴気を戸閉したままな六畳間に――ぽかっと沼の水死人みたいに二ツ浮かせていたの読み方
吉川英治 「大岡越前」

...乱痴気な灯影や人影が...   乱痴気な灯影や人影がの読み方
吉川英治 「私本太平記」

...彼も乱痴気な酒席に返って...   彼も乱痴気な酒席に返っての読み方
吉川英治 「私本太平記」

...ただの乱痴気(らんちき)な大酒宴で終ってしまった...   ただの乱痴気な大酒宴で終ってしまったの読み方
吉川英治 「私本太平記」

「乱痴気」の読みかた

「乱痴気」の書き方・書き順

いろんなフォントで「乱痴気」

「乱痴気」の英語の意味


ランダム例文:
ひそめて   烟い   非行  

全国にある祇園祭りの意味・「祇園」の由来とは?

便利!手書き漢字入力検索

時事ニュース漢字 📺
義勇兵   憲法違反   水戸黄門  

スポンサードリンク

トップへ戻る