例文・使い方一覧でみる「無法者」の意味


スポンサードリンク

...雨はあがり、雲は矢のように疾駆し、ところどころ雲の切れま、洗われて薄い水いろの蒼空(あおぞら)が顔を見せて、風は未だにかなり勁く、無法者、街々を走ってあるいていたが、私も負けずに風にさからってどんどん大股であるいてやった...   雨はあがり、雲は矢のように疾駆し、ところどころ雲の切れま、洗われて薄い水いろの蒼空が顔を見せて、風は未だにかなり勁く、無法者、街々を走ってあるいていたが、私も負けずに風にさからってどんどん大股であるいてやったの読み方
太宰治 「狂言の神」

...私は世間体などに構わぬ無法者だ...   私は世間体などに構わぬ無法者だの読み方
太宰治 「東京八景」

...よほどの無法者でない限り...   よほどの無法者でない限りの読み方
外村繁 「澪標」

...「ああ、薄情者、革命党、無法者、虐殺人!」それは死骸(しがい)に対して瀕死(ひんし)の者がつぶやく非難の声であった...   「ああ、薄情者、革命党、無法者、虐殺人!」それは死骸に対して瀕死の者がつぶやく非難の声であったの読み方
ビクトル・ユーゴー Victor Hugo 豊島与志雄訳 「レ・ミゼラブル」

...それを蹂躙(じゅうりん)して悔いないほどの無法者が現われた時は...   それを蹂躙して悔いないほどの無法者が現われた時はの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...女一人?」さすがの無法者も...   女一人?」さすがの無法者もの読み方
野村胡堂 「銭形平次捕物控」

...「あっしのような無法者も...   「あっしのような無法者もの読み方
野村胡堂 「銭形平次捕物控」

...真逆(まさか)あの無法者の前じゃ...   真逆あの無法者の前じゃの読み方
長谷川伸 「一本刀土俵入 二幕五場」

...船戸の弥八が、仲間の無法者、赤金(あかがね)の升公(ますこう)、いわしの北公、盆持(ぼんも)ちの良公(よしこう)を引きつれ、祭礼の日の如く騒いで駈け来(きた)る、四人とも鍬の柄その他を持っている...   船戸の弥八が、仲間の無法者、赤金の升公、いわしの北公、盆持ちの良公を引きつれ、祭礼の日の如く騒いで駈け来る、四人とも鍬の柄その他を持っているの読み方
長谷川伸 「一本刀土俵入 二幕五場」

...無法者が走って出て来たならどう防いでよいかなどと...   無法者が走って出て来たならどう防いでよいかなどとの読み方
紫式部 與謝野晶子訳 「源氏物語」

...肩肱(かたひじ)を突ッ張っている無法者...   肩肱を突ッ張っている無法者の読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...武蔵は、辞を低く、「名乗るほどの者ではありませんが、牢人宮本武蔵という者です」すると、無法者は、「えっ?」と、目をみはって、しばらく凝視していたが、「これから気をつけろ」伊織へ一言(ひとこと)、捨て科白(ぜりふ)を置いて、さっと身を翻(かわ)すように立去ろうとした...   武蔵は、辞を低く、「名乗るほどの者ではありませんが、牢人宮本武蔵という者です」すると、無法者は、「えっ?」と、目をみはって、しばらく凝視していたが、「これから気をつけろ」伊織へ一言、捨て科白を置いて、さっと身を翻すように立去ろうとしたの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...町角に現われた一団の無法者が...   町角に現われた一団の無法者がの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...無法者の中からも...   無法者の中からもの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...――呆っ気にとられている無法者の群れを捨てて坂の中腹まで...   ――呆っ気にとられている無法者の群れを捨てて坂の中腹までの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...無法者たちは、初めて、「あっ、逃げたっ――」と、われに回(かえ)って、遽(にわか)にまた、気勢を改め、「逃がすな」と、坂の下から、追い上がりながら、口々に罵(ののし)った...   無法者たちは、初めて、「あっ、逃げたっ――」と、われに回って、遽にまた、気勢を改め、「逃がすな」と、坂の下から、追い上がりながら、口々に罵ったの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...各所の無法者のゴロ部屋に寝泊りしたり...   各所の無法者のゴロ部屋に寝泊りしたりの読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

...無法者が出て来たって...   無法者が出て来たっての読み方
吉川英治 「宮本武蔵」

「無法者」の読みかた

「無法者」の書き方・書き順

いろんなフォントで「無法者」

「無法者」の英語の意味


ランダム例文:
女若   はたき   山田温泉  

「機密文書」と「 秘密文書」の違い・意味・英語

便利!手書き漢字入力検索

時事ニュース漢字 📺
松浦亜弥   慰安婦   一人旅  

スポンサードリンク

トップへ戻る