四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ことわざ

楽あれば苦あり らくあればくあり rakuarebakuari
損して得取れ そんしてとくとれ sonshitetokutore
宝の持ち腐れ たからのもちぐされ takaranomochigusare
塵も積もれば山となる ちりもつもればやまとなる chirimotsumorebayamatonaru
出る杭は打たれる でるくいはうたれる derukuihautareru
無い袖は振れない ないそではふれない naisodehahurenai
長い物には巻かれろ ながいものにはまかれろ nagaimononihamakarero
煮え湯を飲まされる にえゆをのまされる nieyuwonomasareru
憎まれっ子世に憚る にくまれっこよにはばかる nikumarekkoyonihabakaru
念には念を入れよ ねんにはねんをいれよ nennihanenwoireyo
化けの皮がはがれる ばけのかわがはがれる bakenokawagahagareru
骨折り損の草臥れ儲け ほねおりぞんのくたびれもうけ honeorizonnokutabiremouke
無理が通れば道理引っ込む むりがとおればどうりひっこむ murigatoorebadourihikkomu
目に入れても痛くない めにいれてもいたくない meniiretemoitakunai
求めよ、さらば与えられん もとめよ、さらばあたえられん motomeyo、sarabaataeraren
横槍を入れる よこやりをいれる yokoyariwoireru
捨てる神あれば拾う神あり すてるかみあればひろうかみあり suterukamiarebahiroukamiari
好きこそ物の上手なれ すきこそもののじょうずなれ sukikosomononojouzunare
足を向けて寝られない あしをむけてねられない ashiwomuketenerarenai
後は野となれ山となれ あとはのとなれやまとなれ atohanotonareyamatonare

雨垂れ石を穿つ あまだれいしをうがつ amadareishiwougatsu
急がば回れ いそがばまわれ isogabamaware
後ろ髪を引かれる うしろがみをひかれる ushirogamiwohikareru
後ろ指をさされる うしろゆびをさされる ushiroyubiwosasareru
溺れる者は藁をも摑む おぼれるものはわらをもつかむ oborerumonohawarawomotsukamu
終わりよければ全てよし おわりよければすべてよし owariyokerebasubeteyoshi
勝てば官軍、負ければ賊軍 かてばかんぐん、まければぞくぐん katebakangun、makerebazokugun
心頭を滅却すれば火もまた涼し しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし shintouwomekkyakusurebahimomatasuzushi
朱に交われば赤くなる しゅにまじわればあかくなる shunimaziwarebaakakunaru
三人よれば文殊の知恵 さんにんよればもんじゅのちえ sanninyorebamonjunochie
策士策に溺れる さくしさくにおぼれる sakushisakunioboreru
逆鱗に触れる げきりんにふれる gekirinnihureru
堪忍袋の緒が切れる かんにんぶくろのおがきれる kanninbukuronoogakireru
金の切れ目が縁の切れ目 かねのきれめがえんのきれめ kanenokiremegaennokireme

慣用句

泣きを入れる なきをいれる nakiwoireru
何くれと無く なにくれとなく nanikuretonaku
何はともあれ なにはともあれ nanihatomoare
成れの果て なれのはて narenohate
途方に暮れる とほうにくれる tohounikureru
手が付けられない てがつけられない tegatsukerarenai

流れを汲む ながれをくむ nagarewokumu
名が売れる ながうれる nagaureru
涙に暮れる なみだにくれる namidanikureru
濡れ衣を着せられる ぬれぎぬをきせられる nureginuwokiserareru
濡れ鼠 ぬれねずみ nurenezumi
熱を入れる ねつをいれる netsuwoireru
熱に浮かされる ねつにうかされる netsuniukasareru
ねたが割れる ねたがわれる netagawareru
手垢に塗れる てあかにまみれる teakanimamireru
手が離れる てがはなれる tegahanareru
尻が割れる しりがわれる shirigawareru
朱を入れる しゅをいれる shuwoireru
痺れを切らす しびれをきらす shibirewokirasu
自責の念に駆られる じせきのねんにかられる zisekinonennikarareru
思案に暮れる しあんにくれる shiannikureru
高が知れている たかがしれている takagashireteiru
力を入れる ちからをいれる chikarawoireru
力こぶを入れる ちからこぶをいれる chikarakobuwoireru
茶茶を入れる ちゃちゃをいれる chachawoireru
天下晴れて てんかはれて tenkaharete

手を入れる てをいれる tewoireru
手に入れる てにいれる teniireru
梃入れ てこいれ tekoire
寝食を忘れる しんしょくをわすれる shinshokuwowasureru
腹の皮が捩れる はらのかわがよじれる haranokawagayozireru
目を奪われる めをうばわれる mewoubawareru
目もくれない めもくれない memokurenai
目も当てられない めもあてられない memoaterarenai
目に触れる めにふれる menihureru
止むに止まれぬ やむにやまれぬ yamuniyamarenu
破れかぶれ やぶれかぶれ yaburekabure
痩せても枯れても やせてもかれても yasetemokaretemo
焼きを入れる やきをいれる yakiwoireru
善かれ悪しかれ よかれあしかれ yokareashikare
烙印を押される らくいんをおされる rakuinwoosareru
わびをいれる わびをいれる wabiwoireru
綿のように疲れる わたのようにつかれる watanoyounitsukareru
割り切れない わりきれない warikirenai
メスを入れる めすをいれる mesuwoireru
胸が潰れる むねがつぶれる munegatsubureru

バスに乗り遅れる ばすにのりおくれる basuninoriokureru
腫れ物に触るよう はれものにさわるよう haremononisawaruyou
一息入れる ひといきいれる hitoikiireru
筆を入れる ふでをいれる hudewoireru
本腰を入れる ほんごしをいれる hongoshiwoireru
骨抜きにされる ほねぬきにされる honenukinisareru
骨が折れる ほねがおれる honegaoreru
紛れもない まぎれもない magiremonai
身を入れる みをいれる miwoireru
耳慣れない みみなれない miminarenai
身につまされる みにつまされる minitsumasareru
身が切られるよう みがきられるよう migakirareruyou
耳に入れる みみにいれる miminiireru
我を忘れる われをわすれる warewowasureru
当てが外れる あてがはずれる ategahazureru
一糸乱れず いっしみだれず isshimidarezu
至れり尽くせり いたれりつくせり itareritsukuseri
痛くもない腹を探られる いたくもないはらをさぐられる itakumonaiharawosagurareru
いずれ菖蒲か杜若 いずれあやめかかきつばた izureayamekakakitsubata
息が切れる いきがきれる ikigakireru

腕を買われる うでをかわれる udewokawareru
得体が知れない えたいがしれない etaigashirenai
思えば思われる おもえばおもわれる omoebaomowareru
恐れをなす おそれをなす osorewonasu
お里が知れる おさとがしれる osatogashireru
臆病風に吹かれる おくびょうかぜにふかれる okubyoukazenihukareru
多かれ少なかれ おおかれすくなかれ ookaresukunakare
押しも押されもせぬ おしもおされもせぬ oshimoosaremosenu
一本取られる いっぽんとられる ippontorareru
一札入れる いっさついれる issatsuireru
足を取られる あしをとられる ashiwotorareru
顎が外れる あごがはずれる agogahazureru
明けても暮れても あけてもくれても aketemokuretemo
油が切れる あぶらがきれる aburagakireru
蟻の穴から堤も崩れる ありのあなからつつみもくずれる arinoanakaratsutsumimokuzureru
合いの手を入れる あいのてをいれる ainotewoireru
呆気にとられる あっけにとられる akkenitorareru
足が奪われる あしがうばわれる ashigaubawareru
頭に入れる あたまにいれる atamaniireru
頭が切れる あたまがきれる atamagakireru

居ても立っても居られない いてもたってもいられない itemotattemoirarenai
一杯食わされる いっぱいくわされる ippaikuwasareru
一旦緩急あれば いったんかんきゅうあれば ittankankyuuareba
後れを取る おくれをとる okurewotoru
枯れ木に花咲く かれきにはなさく karekinihanasaku
口車に乗せられる くちぐるまにのせられる kuchigurumaninoserareru
口から先に生まれる くちからさきにうまれる kuchikarasakiniumareru
食うか食われるか くうかくわれるか kuukakuwareruka
嘴を入れる くちばしをいれる kuchibashiwoireru
これ見よがし これみよがし koremiyogashi
御多分に洩れず ごたぶんにもれず gotabunnimorezu
腰を入れる こしをいれる koshiwoireru
心を入れ替える こころをいれかえる kokorowoirekaeru
心が洗われる こころがあらわれる kokorogaarawareru
頭を垂れる こうべをたれる koubewotareru
心惹かれる こころひかれる kokorohikareru
心を奪われる こころをうばわれる kokorowoubawareru
心を打たれる こころをうたれる kokorowoutareru
狐につままれる きつねにつままれる kitsunenitsumamareru
気骨が折れる きぼねがおれる kibonegaoreru

活を入れる かつをいれる katsuwoireru
肩を入れる かたをいれる katawoireru
角が取れる かどがとれる kadogatoreru
顔が潰れる かおがつぶれる kaogatsubureru
顔が売れる かおがうれる kaogaureru
間髪を入れず かんはつをいれず kanhatsuwoirezu
気を呑まれる きをのまれる kiwonomareru
琴線に触れる きんせんにふれる kinsennihureru
気を入れる きをいれる kiwoireru
肝が潰れる きもがつぶれる kimogatsubureru
切っても切れない きってもきれない kittemokirenai
気合を入れる きあいをいれる kiaiwoireru
気を取られる きをとられる kiwotorareru
心に触れる こころにふれる kokoronihureru

「れ」を含む姓名、名前や地名

「れ」を含む有名人の苗字・名前一覧

「れ」の書き方・書き順・画数

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今週の時事ニュース漢字:
友介 河村 横峯 南朋 稲田

スポンサードリンク

トップへ戻る