四字熟語・慣用句・ことわざ一覧検索

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ことわざ

怠け者の節句働き なまけもののせっくばたらき
namakemononosekkubataraki
男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く おとこやもめにうじがわき、おんなやもめにはながさく
otokoyamomeniuzigawaki、onnayamomenihanagasaku
重き馬荷に上荷打つ おもきうまににうわにうつ
omokiumaniniuwaniutsu
刀折れ矢尽きる かたなおれやつきる
katanaoreyatsukiru
完膚無きまで かんぷなきまで
kanpunakimade
義を見てせざるは勇無きなり ぎをみてせざるはゆうなきなり
giwomitesezaruhayuunakinari
君子危うきに近寄らず くんしあやうきにちかよらず
kunshiayaukinichikayorazu
君子の交わりは淡きこと水の如し くんしのまじわりはあわきことみずのごとし
kunshinomaziwarihaawakikotomizunogotoshi
親しき仲にも礼儀あり したしきなかにもれいぎあり
shitashikinakanimoreigiari
すまじきものは宮仕え すまじきものはみやづかえ
sumazikimonohamiyadukae
起きて半畳寝て一畳 おきてはんじょうねていちじょう
okitehanjouneteichijou
縁なき衆生は度し難し えんなきしゅじょうはどしがたし
ennakishujouhadoshigatashi
好きこそものの上手なれ すきこそもののじょうずなれ
sukikosomononojouzunare
山より大きな猪は出ぬ やまよりおおきないのししはでぬ
yamayoriookinainoshishihadenu
愛想も小想も尽き果てる あいそもこそもつきはてる
aisomokosomotsukihateru
相手のない喧嘩はできぬ あいてのないけんかはできぬ
aitenonaikenkahadekinu
空き樽は音が高い あきだるはおとがたかい
akidaruhaotogatakai
朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随う あしたにはふじのもんをたたき、ゆうべにはひばのちりにしたがう
ashitanihahuzinomonwotataki、yuubenihahibanochirinishitagau
行き掛けの駄賃 いきがけのだちん
ikigakenodachin
愛しき子には旅をさせよ いとしきこにはたびをさせよ
itoshikikonihatabiwosaseyo

犬が西向きゃ尾は東 いぬがにしむきゃおはひがし
inuganishimukyaohahigashi
狭き門より入れ せまきもんよりいれ
semakimonyoriire
その手は桑名の焼き蛤 そのてはくわなのやきはまぐり
sonotehakuwananoyakihamaguri
早起きは三文の徳 はやおきはさんもんのとく
hayaokihasanmonnotoku
贔屓の引き倒し ひいきのひきだおし
hiikinohikidaoshi
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし
hitonoisshouhaomoniwooutetookimichiwoyukugagotoshi
蛇を画きて足を添う へびをえがきてあしをそう
hebiwoegakiteashiwosou
弁慶の泣き所 べんけいのなきどころ
benkeinonakidokoro
焼きが回る やきがまわる
yakigamawaru
山高きが故に貴からず やまたかきがゆえにたっとからず
yamatakakigayuenitattokarazu
行き大名の帰り乞食 ゆきだいみょうのかえりこじき
yukidaimyounokaerikoziki
六馬和せざれば造父も以て遠きを致す能わず りくばわせざればぞうほももってとおきをいたすあたわず
rikubawasezarebazouhomomottetookiwoitasuatawazu
掃き溜めに鶴 はきだめにつる
hakidamenitsuru
灰吹きから蛇が出る はいふきからじゃがでる
haihukikarajagaderu
蓼食う虫も好き好き たでくうむしもすきずき
tadekuumushimosukizuki
旅の恥はかき捨て たびのはじはかきすて
tabinohazihakakisute
旦那の好きな赤烏帽子 だんなのすきなあかえぼし
dannanosukinaakaeboshi
小さく生んで大きく育てる ちいさくうんでおおきくそだてる
chiisakuundeookikusodateru
亭主の好きな赤烏帽子 ていしゅのすきなあかえぼし
teishunosukinaakaeboshi
遠くて近きは男女の仲 とおくてちかきはだんじょのなか
tookutechikakihadanjononaka

鳥なき里の蝙蝠 とりなきさとのこうもり
torinakisatonokoumori
泣きっ面に蜂 なきっつらにはち
nakittsuranihachi
逃がした魚は大きい にがしたさかなはおおきい
nigashitasakanahaookii
累卵の危うき るいらんのあやうき
ruirannoayauki
生き馬の目を抜く いきうまのめをぬく
ikiumanomewonuku
朝起きは三文の徳 あさおきはさんもんのとく
asaokihasanmonnotoku
耳に胼胝ができる みみにたこができる
miminitakogadekiru
弁慶の泣きどころ べんけいのなきどころ
benkeinonakidokoro
下手の横好き へたのよこずき
hetanoyokozuki
腹が減っては戦ができぬ はらがへってはいくさができぬ
haragahettehaikusagadekinu
早起きは三文の得 はやおきはさんもんのとく
hayaokihasanmonnotoku
話し上手は聞き上手 はなしじょうずはききじょうず
hanashijouzuhakikijouzu
逃した魚は大きい のがしたさかなはおおきい
nogashitasakanahaookii
七転び八起き ななころびやおき
nanakorobiyaoki
転んでもただでは起きぬ ころんでもただではおきぬ
korondemotadadehaokinu
親しき仲に礼儀あり したしきなかにれいぎあり
shitashikinakanireigiari
好きこそ物の上手なれ すきこそもののじょうずなれ
sukikosomononojouzunare
旅の恥じはかき捨て たびのはじはかきすて
tabinohazihakakisute
血湧き肉躍る ちわきにくおどる
chiwakinikuodoru
泣き面に蜂 なきつらにはち
nakitsuranihachi

嘘つきは泥棒の始まり うそつきはどろぼうのはじまり
usotsukihadorobounohazimari

慣用句

重きをなす おもきをなす
omokiwonasu
重きを置く おもきをおく
omokiwooku
驚き桃の木山椒の木 おどろきもものきさんしょのき
odorokimomonokisanshonoki
大きなお世話 おおきなおせわ
ookinaosewa
巻き添えを食う まきぞえをくう
makizoewokuu
折り紙付き おりがみつき
origamitsuki
浮き足立つ うきあしだつ
ukiashidatsu
運の尽き うんのつき
unnotsuki
息を引き取る いきをひきとる
ikiwohikitoru
息を吹き返す いきをふきかえす
ikiwohukikaesu
行き当たりばったり ゆきあたりばったり
yukiataribattari
行きつ戻りつ ゆきつもどりつ
yukitsumodoritsu
冥利に尽きる みょうりにつきる
myourinitsukiru
大きな口をきく おおきなくちをきく
ookinakuchiwokiku
大きな顔をする おおきなかおをする
ookinakaowosuru
壁に突き当たる かべにつきあたる
kabenitsukiataru
易きに付く やすきにつく
yasukinitsuku
胸をときめかす むねをときめかす
munewotokimekasu
耳にたこができる みみにたこができる
miminitakogadekiru

磨きを掛ける みがきをかける
migakiwokakeru
身の置き所がない みのおきどころがない
minookidokoroganai
泣きを入れる なきをいれる
nakiwoireru
骨抜きにされる ほねぬきにされる
honenukinisareru
膝を突き合わせる ひざをつきあわせる
hizawotsukiawaseru
引き合いに出す ひきあいにだす
hikiainidasu
抜き差しならない ぬきさしならない
nukisashinaranai
泣き寝入り なきねいり
nakineiri
無きにしも非ず なきにしもあらず
nakinishimoarazu
焼きを入れる やきをいれる
yakiwoireru
良きにつけ悪しきにつけ よきにつけあしきにつけ
yokinitsukeashikinitsuke
泣きを見る なきをみる
nakiwomiru
風の吹き回し かぜのふきまわし
kazenohukimawashi
顔向けできない かおむけできない
kaomukedekinai
聞きしに勝る ききしにまさる
kikishinimasaru
肝が大きい きもがおおきい
kimogaookii
きまりが悪い きまりがわるい
kimarigawarui
聞き耳を立てる ききみみをたてる
kikimimiwotateru
雲行きが怪しい くもゆきがあやしい
kumoyukigaayashii
事無きを得る ことなきをえる
kotonakiwoeru

精根尽きる せいこんつきる
seikontsukiru
新規蒔き直し しんきまきなおし
shinkimakinaoshi
太刀打ちできない たちうちできない
tachiuchidekinai
何はさておき なにはさておき
nanihasateoki
泣きの涙 なきのなみだ
nakinonamida

「き」を含む姓名、名前や地名

「き」を含む有名人の苗字・名前一覧

「き」の書き方・書き順・画数

画数でみる四字熟語・慣用句・ことわざ一覧:
8画  9画  10画  11画  12画  13画  14画  15画  16画  17画  18画  19画  20画  21画  22画  23画  24画  25画  26画  27画  28画  29画  30画  31画  32画  33画  34画  35画  36画  37画  38画  39画  40画  41画  42画  43画  44画  45画  46画  47画  48画  49画  50画  51画  52画  53画  54画  55画  56画  57画  58画  59画  60画  61画  62画  63画  64画  65画  66画  67画  68画  69画  70画  71画  72画  73画  74画  75画  76画  77画  78画  79画  80画  81画  82画  

今日の俗語 💬
「シャバい」の使い方

今週の時事ニュース漢字 📺
松山英樹 ⛳  

スポンサードリンク

トップへ戻る