例文・使い方一覧でみる「音に聞く」の意味


スポンサードリンク

...これが音に聞く中坂思案外史だとはマダその時は知らなかった...   これが音に聞く中坂思案外史だとはマダその時は知らなかったの読み方
内田魯庵 「硯友社の勃興と道程」

...音に聞く明智小五郎の手にかかっては...   音に聞く明智小五郎の手にかかってはの読み方
江戸川乱歩 「黄金仮面」

...あんたが音に聞く明智先生ですかい...   あんたが音に聞く明智先生ですかいの読み方
江戸川乱歩 「影男」

...幸子と雪子とが同音に聞くと...   幸子と雪子とが同音に聞くとの読み方
谷崎潤一郎 「細雪」

...音に聞く大正池の眺めは思いのほかに殺風景に思われた...   音に聞く大正池の眺めは思いのほかに殺風景に思われたの読み方
寺田寅彦 「雨の上高地」

...音に聞く大正池の眺めは思の外に殺風景に思はれた...   音に聞く大正池の眺めは思の外に殺風景に思はれたの読み方
寺田寅彦 「雨の上高地」

...音に聞く都の島原を...   音に聞く都の島原をの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...音に聞く荒木又右衛門が武勇を現わしたところじゃ...   音に聞く荒木又右衛門が武勇を現わしたところじゃの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...音に聞く島津の家の門番は...   音に聞く島津の家の門番はの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...これが音に聞くジャガタラいもですか?」「関東で清太いもというのがこれです...   これが音に聞くジャガタラいもですか?」「関東で清太いもというのがこれですの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...ここは音に聞く鹿島灘――今...   ここは音に聞く鹿島灘――今の読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...音に聞く、勿来の関の古関の址...   音に聞く、勿来の関の古関の址の読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...音に聞く胆吹颪(いぶきおろし)は怖ろしい...   音に聞く胆吹颪は怖ろしいの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...あれが音に聞く木賊(とくさ)山と地主山か...   あれが音に聞く木賊山と地主山かの読み方
久生十蘭 「顎十郎捕物帳」

...音に聞く大酒とづぼらで...   音に聞く大酒とづぼらでの読み方
正岡容 「落語家温泉録」

...音に聞く曹操が自らこの大軍をひきいて来たので...   音に聞く曹操が自らこの大軍をひきいて来たのでの読み方
吉川英治 「三国志」

...音に聞く猛将の陣刀が...   音に聞く猛将の陣刀がの読み方
吉川英治 「新書太閤記」

...音に聞く二龍山だナ」と...   音に聞く二龍山だナ」との読み方
吉川英治 「新・水滸伝」

「音に聞く」の書き方・書き順

いろんなフォントで「音に聞く」


ランダム例文:
下がった   意気昂然   力をあわせる  

立ち往生とは?意味・由来・渋滞との違い

便利!手書き漢字入力検索

この漢字は何でしょう?

👨話題の人々👩
「推し」を登録

時事ニュース漢字 📺
棋王戦   断熱材   拡大抑止  

スポンサードリンク

トップへ戻る