例文・使い方一覧でみる「快足」の意味


スポンサードリンク

...ひとり快足力に馬力をかけて磐城平を海岸にとり...   ひとり快足力に馬力をかけて磐城平を海岸にとりの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...けれどもエジプトの大跨な快足に及ぶ者はなかった...   けれどもエジプトの大跨な快足に及ぶ者はなかったの読み方
野上豊一郎 「七重文化の都市」

...そこへの往復半刻はさすが八五郎の自慢の快足です...   そこへの往復半刻はさすが八五郎の自慢の快足ですの読み方
野村胡堂 「銭形平次捕物控」

...快足を利用して飛び抜けようとしたハズミに...   快足を利用して飛び抜けようとしたハズミにの読み方
夢野久作 「二重心臓」

...快足を試してきました」馬の鞍を叩きながら云った...   快足を試してきました」馬の鞍を叩きながら云ったの読み方
吉川英治 「三国志」

...櫓(ろ)を押出した二十余艘の快足舟(はやぶね)がある...   櫓を押出した二十余艘の快足舟があるの読み方
吉川英治 「三国志」

...切りひらく先鋒の快足につづいて...   切りひらく先鋒の快足につづいての読み方
吉川英治 「三国志」

...洪水のような快足をもって...   洪水のような快足をもっての読み方
吉川英治 「三国志」

...その快足にまかせたまま...   その快足にまかせたままの読み方
吉川英治 「三国志」

...宮はまた快足をみせて洛内へいそいだ...   宮はまた快足をみせて洛内へいそいだの読み方
吉川英治 「私本太平記」

...往復ともに快足の駿馬(しゅんめ)に鞭打っているのだ...   往復ともに快足の駿馬に鞭打っているのだの読み方
吉川英治 「新書太閤記」

...健康と快足を誇っているところ...   健康と快足を誇っているところの読み方
吉川英治 「随筆 新平家」

...駿馬(しゅんめ)の快足をほこって...   駿馬の快足をほこっての読み方
吉川英治 「源頼朝」

「快足」の読みかた

「快足」の書き方・書き順

いろんなフォントで「快足」


ランダム例文:
ぐしゃりと潰れる   血すじ   受容性  

立ち往生とは?意味・由来・渋滞との違い

便利!手書き漢字入力検索

この漢字は何でしょう?

👨話題の人々👩
「推し」を登録

時事ニュース漢字 📺
原状回復   想定外   決定的  

スポンサードリンク

トップへ戻る