例文・使い方一覧でみる「かけ合い」の意味


スポンサードリンク

...かけ合いで唄の文句をつぶやいていた...   かけ合いで唄の文句をつぶやいていたの読み方
犬田卯 「米」

...朝野がひとりで劇場の方とかけ合い...   朝野がひとりで劇場の方とかけ合いの読み方
高見順 「如何なる星の下に」

...や」「や」捕卒は互(たがい)に声をかけ合いながら庵の中(うち)を駈け廻ったが...   や」「や」捕卒は互に声をかけ合いながら庵の中を駈け廻ったがの読み方
田中貢太郎 「切支丹転び」

...子供というものがあればこそたいせつな人でござりますが子供が死んでしまいましたらちかごろよくない評判もあるしまだうばざくらというにさえ若すぎるとしだし旁(かたがた)これはややこしいことがおこらぬうちに里へかえってもらった方がというような話になりまして引き取るとか引き取らぬとかいろいろとまたこみ入ったかけ合いがござりましたすえに誰にもきずがつかぬようにえんまんに離籍の件がまとまったのでござりました...   子供というものがあればこそたいせつな人でござりますが子供が死んでしまいましたらちかごろよくない評判もあるしまだうばざくらというにさえ若すぎるとしだし旁これはややこしいことがおこらぬうちに里へかえってもらった方がというような話になりまして引き取るとか引き取らぬとかいろいろとまたこみ入ったかけ合いがござりましたすえに誰にもきずがつかぬようにえんまんに離籍の件がまとまったのでござりましたの読み方
谷崎潤一郎 「蘆刈」

...我々のかけ合いは...   我々のかけ合いはの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...かけ合いを検分して来たところの仏頂寺はじめ三人の者が...   かけ合いを検分して来たところの仏頂寺はじめ三人の者がの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...かけ合いがあったとか...   かけ合いがあったとかの読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...悪党がかけ合いをする時の常作法...   悪党がかけ合いをする時の常作法の読み方
中里介山 「大菩薩峠」

...そんな事もあるだろうな」このかけ合いは平次の負けです...   そんな事もあるだろうな」このかけ合いは平次の負けですの読み方
野村胡堂 「銭形平次捕物控」

...気軽に運賃をかけ合い...   気軽に運賃をかけ合いの読み方
堀辰雄 「旅の絵」

...かかるかけ合いなどは夢にも聞きたることすらなければ...   かかるかけ合いなどは夢にも聞きたることすらなければの読み方
三宅花圃 「藪の鶯」

...芳太郎のかけ合いで終る...   芳太郎のかけ合いで終るの読み方
宮本百合子 「「愛怨峡」における映画的表現の問題」

...互に声をかけ合いながら女工たちはそれぞれ曲りくねった路地の間へ素早く消えた...   互に声をかけ合いながら女工たちはそれぞれ曲りくねった路地の間へ素早く消えたの読み方
「朝の風」

...深田とのかけ合いは...   深田とのかけ合いはの読み方
「共同耕作」

...蓮紅嬢(れんこうじょう)かけ合いの槍投(やりな)げ...   蓮紅嬢かけ合いの槍投げの読み方
吉川英治 「鳴門秘帖」

「かけ合い」の書き方・書き順

いろんなフォントで「かけ合い」


ランダム例文:
澳門   赤電   朝妻船  

便利!手書き漢字入力検索

今週の時事ニュース漢字:
海底噴火

スポンサードリンク

トップへ戻る