「図る・測る・計る・量る」の違と使い分け・例文

「図る・測る・計る・量る」の読み方はみな「はかる」です。それらの使い分をご紹介します。 「図る」とは 意味:物事をくわだてる、意図、工夫 使い方・例文:便宜を図る 図らずも同じ本を買っていまった。 「測る」とは 意味:長 […]

「ソーシャル・ディスタンス」と「ソーシャル・ディスタンシング」とは?

新型コロナウイルス関連の専門用語(カタカナ) 「ソーシャル・ディスタンシング 」と「 ソーシャル・ディスタンス 」について ソーシャル・ディスタンシングとは 英語:social distancing 日本語訳:「社会的距 […]

「クラスター」「オーバーシュート」「パンデミック」とは?日本語(漢字)の意味

新型コロナウイルス関連の専門用語(カタカナ)の漢字と日本語の意味をまとめました クラスター:「集団感染」「感染者集団」 メガクラスター:「巨大な感染者集団」 オーバーシュート:「感染爆発」「爆発的な感染拡大」 ロックダウ […]

振りまくのは「愛嬌」?「愛想」? 「愛嬌を振りまく」「愛想を振りまく」?意味と違い

「愛嬌」とは読み方:あいきょう意味:にこやか、かわいらしいこと、憎めない表情しぐさ由来:仏や菩薩の優しく温和な慈愛に満ちた様子を指す「愛敬相(あいぎょうそう)」という仏教用語転じ、室町時代には「あいきょう」といい、「敬」 […]

「共有」と「共同」の違いと意味

「共有」と「共同」について、その意味と違いをご紹介します。 「共有」とは読み方:きょうゆう意味:一つのものを二人以上が一緒に所有すること。使い方・例文:「共有ファイル」「この家は夫婦の共有財産です」「我々は秘密を共有して […]

「共用」と「供用」の意味と違い・使い方

「共用」と「供用」はどちらも「きょうよう」と読みます。 漢字も似ているので迷ってしまいますが 今回は「共用」と「供用」の使い方の違いをご紹介します。 「共用」とは 意味:一つのものを二人以上が一緒に使うこと。 使い方・例 […]

「即時」「即座」「即刻」の意味と違い・使い方

「即時・即座・即刻」は、使われる場面によって使い分けが大事な言葉です。ポイントを確認してみましょう。 「即時」とは読み方:そくじ意味:時間をおかず行動すること使い方・例文:「即時に業務を開始する。」「即時利用可能」 「即 […]

「蓋然性」「可能性」「必然性」の意味と違い

あまり日常で使うことがない「蓋然性」その意味を「可能性」と「必然性」と対義語も合わせてご紹介します。 「蓋然性」とは 読み方:がいぜんせい 意味:それが現実になる確実性がどれくらいあるかということ 簡単にいうと、その確率 […]

「抑制」と「抑圧」の意味・違い・使い方・反語

「抑制」と「抑圧」はどう違うのでしょうか? 「抑制」とは読み方:よくせい意味:勢いを抑え止めること感情や衝動を自覚し、意識的に抑えこむこと。使い方・例文:「金利の上昇を抑制する」「感情を抑制する」 反対語・反義語:亢進( […]

「終了」「修了」「完了」「完成」の違いと意味・使い方

終了、修了、完了、完成、とても似た言葉ですが、どのような場面で使うのでしょうか? 「終了」とは 意味:物事がおわること            やるべきことをやり終わっている場合、そうでない場合どちらにも使えます。 使い方 […]