「古文書」は「こぶんしょ」「こもんじょ」?読み方と意味

「古文書」の読み方と意味 読み方:こもんじょ 意味:古い文章 歴史学上では、特定の対象へ意思を伝えるために作成された近代以前の文書のこと 「こぶんしょ」とも読めますが 「こもんじょ」と読む方が一般的です。 「古文書」の「 […]

「あり得る」は「ありえる」「ありうる」?正しい読み方と意味

「あり得る」はなんと読みますか? 読み方:ありうる 意味:起こる可能性がある。    当然考えられる。 反対語:あり得ない(ありえない) 「あり得ない」の意味:   あるはずがない。起こる可能性がない。 読み方「ありえる […]

「代替」は「だいがえ」「だいたい」?正しい読み方と意味

「代替」はなんと読みますか? 読み方:だいたい 意味:ほかのもので代えること 読み方「だいがえ」は間違い? 「代替」を「だいがえ」と読むことも多くあります。 これは「大体(だいたい)」と区別するために 「だいがえ」という […]

「発足」の読み方は「はっそく」「ほっそく」?

「発足」の読み方は「はっそく」「ほっそく」どちらでしょうか? 答え「はっそく」と「ほっそく」 どちらも正しい読みです。 しかし、現在は「ほっそく」の読み方が一般的とされています。 「発足」の意味 組織や団体などが活動を始 […]

「礼賛」は「れいさん」?読み方と意味

「礼賛」は「礼讃・礼讚」とも書きますが 「礼賛・礼讃・礼讚」はどれも「らいさん」と読みます。 「礼賛」の礼は「れい」と読むため、「れいさん」と読みたくなりますが、「らい」とも読み「らいさん」です。 意味:「褒めたたえるこ […]

「相殺」と「相殺」の意味と読み方

「相殺」と「相殺」は同じでしょうか? 「相殺」とは 読み方:「そうさい」 意味:差し引て帳消しにすること 類義語:帳消し、償う、取り消す 「相殺」の「相」は互いにという意味 「殺」は減らす、そぐ、差し引くという意味から成 […]

ちょうふ?てんぷ?「貼付」の読み方正しいのはどっち?

ちょうふ?てんぷ?「貼付」の読み方正しいのはどっち? 正解は、どちらも正しいです。 もともと「貼付」は、「ちょうふ」と読み方ですが、「てんぷ」と読む人が多く、それが定着しました。そして現在では辞書にも掲載され認められるよ […]

「非想非非想天」「非想非非想処」の意味、読み方

「非想非非想天(ひそうひひそうてん)」と 「非想非非想処(ひそうひひそうしょ)」をご存じですか? 舌を噛みそうな言葉ですが、どちらも仏教用語で、 「有頂天(うちょうてん)」のことを意味します。 この「有頂天」は仏教の世界 […]

今さら聞けない「忖度」の意味、使い方、類義語、反対語

「忖度(そんたく)」という言葉、2017年の流行語大賞にもなりましたが、その意味と使い方は?ときかれると、即答できないことも。今回は「忖度」の意味と使い方を、簡単に確認したいと思います。 「忖度」とは 「相手の気持ちを推 […]

理義字と品字様「厸、奻、孖、艸、誩、虤、龖」読み方と意味

理義字(りぎじ)とは、同じ漢字を2つ組み合わせて構成される漢字のことをいいます。 例えば「木」が二つ組み合わせた「林」、 「月」が二つ組み合わせた「朋」などは理義字です。 但し、「昌」の様に上下に同じ漢字の組み合わせは […]