「五月蠅い」「五月蝿い」の読み方は?語源

5月ゴールデンウィークの「五月」がついた「五月蠅い」「五月蝿い」は何と読むでしょうか? 答え・・・「うるさい」です。 意味:やかましい、煩わしい 語源・由来:「五月蠅い」「五月蝿い」は当て字で、五月の蠅(ハエ)がうるさい […]

「約める」「約やか」の読み方は?意味・類語・使い方

約束の「約」は「やく」と読みますが、「約める」「約やか」と送り仮名がつくと何と読むでしょうか? 「約める」とは? 読み方:「つづめる」意味:短くする、要約する、節約する使い方・例文:「ズボンの裾を約める」「約めて言うと」 […]

「集く・集る・集う」は何と読むでしょう?

「集」は集合、集金、集団、画集、詩集など「集める」意味で使う漢字です。では「集く・集る・集う」と送り仮名を付けると、何と読むでしょうか? 「集く」とは? 読み方:「すだく」 意味:群れを成して集まる様、虫などが集まって賑 […]

「認める(みとめる)」以外の読み方と意味・由来

「認める」は「みとめる」と読みますが、もう一つ「認める」の読み方があります。その読み方と意味についてご紹介します。 「認める」とは読み方:したためる意味:文章を書く、食事をする、支度をする、世を治めること使い方・例文:「 […]

「熟す(じゅくす)」以外の「熟す」の読み方と意味

「熟す」は「じゅくす」と読みますが、もう一つ「熟す」の読み方があります。その読み方と意味についてご紹介します。 「熟す」読み方:じゅくす意味:果実などが成熟すること、何かをするのに丁度よい時期がくること使い方・例文:「熟 […]

「見える」じゃない「見える」は何と読む?意味

「見える」は「みえる」と読みますが、別の読み方があります。それは何でしょうか? 「見える」とは読み方:まみえる意味:お会いする、お目にかかるの謙譲語顔を合わせる、対面すること、妻が夫に使えること 「あいまみえる」という使 […]

「頻りに」は何と読む?

「頻出漢字」「頻度」などで使う「頻(ひん)」は「頻りに」と書くと何と読むでしょう? 「頻りに」とは?読み方:しきりに意味:ひっきりなしに、たびたび使い方・例文:「頻りに話かけてくる」「雪が頻りに降ってくる」ほかにも、「頻 […]

「労る・労わる」は何と読む?意味・例文

「労」は「ろう」と読みますが「労る・労わる」と書くと何と読むでしょうか? 「労る」とは読み方:いたわる意味:弱い立場の人に優しく接すること、養生すること使い方・例文:「病人を労る」「体を労る」 「労る」と「労わる」正しい […]

「労う」は何と読む?意味・使い方

「労」は「ろう」と読みますが「労う」と書くと何と読むでしょうか?「労う」とは読み方:ねぎらう意味:苦労や尽力してくれたことに感謝すること使い方・例文:「労(ろう)を労う」「労いの言葉」 ちなみに名前(名のり)では、「労」 […]