カテゴリー
ことば 植物 自然

「覇王樹」とは?読み方・意味

覇王樹」とは何と読むでしょうか?

答え・・・

「さぼてん」「はおうじゅ」です。

意味:サボテン科の常緑多年草、サボテンの異名
サボテンは「仙人掌」とも書きます。

覇王樹は漢字一文字ずつ単体で「さ」「ぼ」「てん」と読める漢字はありません。
二文字以上組み合わせた漢字(熟語)で、特殊な読み方をする熟字訓です。

覇王樹の語源・由来:元は中国語の表記から使われる漢字ですが、その由来は不明

仙人掌の語源・由来はこちら

ちなみに英語でサボテンは「cactus

では他の熟字訓「曲尺・矩尺」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
ことば 食べ物

おはぎの別の呼び方・夜船と北窓とは?由来

「おはぎ」は季節によって別の呼び名があります。
春「牡丹餅」、夏「夜船」、秋「御萩」、冬「北窓」です。

牡丹餅(ぼたもち)と御萩(おはぎ)は、お彼岸の時期など耳や目にする機会がありますが、「夜船」や「北窓」という呼び方はあまり聞いたことがありません。今回はこの二つの由来についてご紹介します。

「夜船(よふね)」の由来:
おはぎは米を潰してつくるため、餅を(つ)くような音(ぺったんぺったん)がしません。近所の人もいつついたか分からない、それを夜暗く、船が港にいつ着いたか分からない「夜船」と見立てたため。

「北窓」の由来:
餅のように搗(つ)くことがない、「月」知らずと転じ、北の窓からは月が見えないので「北窓」というわけです。

牡丹餅、夜船、御萩、北窓、どれも同じお菓子だなんて面白いですね。

ちなみに「牡丹餅」と「御萩」の由来、その違いは?

カテゴリー
動物 名字(苗字) 植物

珍しい名字(苗字)「馬酔木」読み方・由来

珍しい名字(苗字)「馬酔木」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「あせび」「ますき」「ませき」「ませぼ」「あしび」「あせぼ」

北海道に多い名前ですが、その由来は香川県の地名とも言われています。
「馬酔木」は植物の名前でもあり、ツツジ科の常緑低木。
葉に毒があり、馬が食べると酔って苦しむという木というのが名前の由来だとか。

では、動物の名前がつく珍しい名字「兎子尾」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
動物 食べ物

「鯣」と「寿留女」は何と読むでしょう?由来

」は何と読むでしょう?

答え・・・

「するめ」です。

意味:イカの内臓を取り除き乾燥させた乾物

スルメは「鯣」と「寿留女」とも書きます。
俗語:アタリメ

「鯣」の語源・由来:

」は「変わる」という意味があり、烏賊がスルメに変わることから。

「寿留女」の語源・由来:
結納など祝儀の際に縁起物として扱われる品で日持ちが良い。そのため嫁ぎ先で長く留まることや、幸せが永く続くという意味の当て字だとか。

「アタリメ」の語源・由来:
「スルメ」の「する」が「博打擦る」「財布を盗まれる」という意味の「掏る」を連想させ、縁起が悪いため「当たり」という言葉に言い換えたため。

ちなみに「するめ」の最高級品は剣先烏賊で、次に鯣烏賊を加工したものだとか。

では、「香魚・年魚・銀口魚・渓鰮・細鱗魚」は何の魚でしょうか?

カテゴリー
動物

「杜鵑・蜀魂・不如帰」の読み方と意味

「杜鵑・蜀魂・不如帰」はすべて同じ読み方です。さて何と読むでしょうか?

答え・・・

「ほととぎす」です。

「ホトトギス」の漢字を調べると他にも様々な漢字で表され、異名も複数ありました。今回はこの「ホトトギス」漢字と異名、そしてその由来をご紹介します。

🐦ホトトギスの漢字表記
杜鵑、(「とけん」とも読みます)
杜宇
蜀魂
不如帰
時鳥
子規
田鵑
🐦ホトトギスの異名
卯月鳥(うづきどり)
早苗鳥(さなえどり)
魂迎鳥(たまむかえどり)
死出田長(しでのたおさ)
勧農鳥(かんのうちょう)

①~④は中国の故事や伝記に由来した漢字で
⑤は田植えの頃(五月頃)に毎年渡来するため、時を告げる鳥とされたため。
早苗鳥、勧農鳥も同じ意味
⑥は不如帰が故郷を離れ帰心を思わせる「思帰」と呼ばれ、
それが転じて「子規」となったとか。
ちなみに正岡子規は、このホトトギスの漢字から俳号に「子規」としたのだとか。

では、「煮海鼠・海参・煎海鼠・熬海鼠」の読み方は?

カテゴリー
動物

「霊猫」と「麝香猫」は何のネコ?読み方・意味

霊猫」は何と読むでしょうか?

答え・・・

「れいびょう」です。

意味:ジャコウネコの異名

ジャコウネコを漢字で書くと?

答え・・・

麝香猫」です。

つまり「霊猫」と「麝香猫」は同じ動物を表す漢字です。

この「ジャコウネコ」は猫という名前が付きますが、
姿はイタチやタヌキに近く、東南アジアなどに生息しています。
また、ジャコウネコのから採取した未消化のコーヒー豆で作られるコピ・ルアクという高級コーヒーもあります。
一匹の麝香猫から、一日に3g程度しか採取できないそうで、バニラのような独特の香りがするとか。
ちなみに、コピ・ルアクはインドネシア語で、コピは珈琲、ルアクはジャコウネコを意味します。

では、「愛猫」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
植物

オリーブを漢字で表すと?

オリーブを漢字で書くと何でしょうか?
答え…

橄欖
阿列布
阿利布
阿利襪」です。

実は「橄欖」は「かんらん」と読み、オリーブのことではありません。
見た目や用法が似ているために混同されたとか。

また、オリーブは異名があります。
オリーブの異名:「太陽の樹」
枝は「太陽の象徴」「金星の象徴」
オイルは「液体の黄金」とも。
これは古代地中海貿易の主要商品で、「豊穣、富の象徴」のためだとか。

ではバターを漢字で書くと何でしょうか?

カテゴリー
植物 食べ物

アケビを漢字にすると?

秋、楕円形の紫色の実をつける蔓性落葉低木の「あけび」
秋の季語でもありますが、漢字では何と書くのでしょうか?
調べてみると、アケビを表す漢字は多数ありました。

木通
通草
丁翁
山女
通蔓草
朱実
決明果

よく知られた漢字の「木通」の由来:
アケビのは中が空洞になって空気が通っていることから
通草と通蔓草も同じような理由だと考えられます。

ちなみにアケビは生薬にもなり、その場合は木通を「もくつう」と読みます。

では「水雲・海雲・海蘊・藻付」はどれも同じものを表す漢字です。さて何でしょう?

カテゴリー
動物

モグラを漢字で表すと?

モグラと言えば、地中で生活する哺乳類。
古くは、
もぐらもち、
むぐろもち、
むぐらもち
むぐら、
うぐらもち、
うぐら、
うごろもち、
うぐろもち、
などと呼ばれていました。

そして「モグラ」を表す漢字は複数あります。

土竜」もぐら
偃鼠」えんそ
土龍」もぐら、どりゅう、もぐらもち、むぐら、うころもち
鼴鼠」もぐら、むぐらもち、うぐろもち
鼹鼠」もぐら、うごろもち
土豚」もぐら
田鼠」もぐら、でんそ、たねずみ
鼹手」もぐら
」もぐら、もぐらもち、えん
」もぐら、もぐらもち、えん

時代によって読み方が変わってくるものですが、
「モグラ」の異名(別名)は様々あり興味深いですね。
ちなみに、「土竜」は、本当はモグラではなくミミズを指す漢名でした。
しかし、もぐらがミミズを好むことから誤用され今に至るとか。
本当に興味深いですね。

では、「海鼠」とは何でしょう?

カテゴリー
食べ物

果物の王様・果物の女王・森のアイスクリームとは?

世界三大果物(フルーツ)、世界三大美果のマンゴー、マンゴスチン、チェリモヤ。それらには異名をもつものがあります。その異名についてご紹介します。

「果物の女王」とは?
・・・マンゴスチン
果肉はとても柔らかく、味は強い甘みとさわやかな酸味が上品
皮は染料に使われるほど強い赤い色素があります。
この色素の強さのために、調度品が汚れる恐れがあり、持ち込みを禁止するホテルもあるそうです。

由来:イギリスのビクトリア女王が好んでいた果物だったため

「アイスクリームの木、森のアイスクリーム」とは?
・・・チェリモヤ

果肉は柔らかく、味はカスタードクリーム、バニラ、パイナップルのような甘みと言われる。
由来:その実の柔らかさと甘さから
アメリカでは「カスタードアップル」、ペルーでは「冷たい乳房」と呼ばれています。

次は、世界三大美果ではありませんが・・・

「果物の王様」とは?
・・・ドリアン
その匂いは強烈であり、味は濃厚なバナナのようにクリーミー
その匂いのため、持ち込みを禁止する飛行機やホテルもあるそうです。

由来:諸説ありますが、ドリアンはとても高価で、栄養豊富な果物だったことから
その昔「王様の果物」とも呼ばれていたことが由来

では、ゼリー、ソーダ、ドーナツを漢字にすると