カテゴリー
苗字

珍しい名字(苗字)「二十八」読み方・由来

漢数字がつく「一二三」さん、日付けの「四月一日」さんなど珍しい名前があります。
今回は「二十八」という名字(苗字)をご紹介します。

「二十八」さんは何と読むでしょうか?

答え・・・

「つちや」さんです。

由来:「十」は古語で「つづ」といいます。「二十」を「はたち」といいます。
それが「二十」で「つづ」と読むようになり「八」と合わせて「つちや」へ転じ、
もとは「土屋」「土谷」だったものを「二十八」と書き読ませたのではという。

では、「五六」「五十公野」さんはなんと読む名字でしょうか?

カテゴリー
未分類

難読地名「廿里」の読み方・由来

難しい読み方の地名は多くありますが、東京都八王子市にある「廿里町」の「廿里」は何と読むでしょうか?

答え・・・

「とどり」です。

由来:諸説あり、はっきりとはしませんが、京都からの距離が百里(約400km)、これを中国式で「十十里」と書き表し、それが「廿里」となったという説があります。

ちなみに「廿」は「じゅう」「にじゅう」と読みます

では、「舎人」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字(苗字)「八筬」の読み方

珍しい名字(苗字)「八筬」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「やおさ」さんです。

神奈川県、東京都、茨城県、富山県に見られる苗字です。

由来ははっきりとしませんが、
」とは、織機で縦糸と横糸の折り目を整える道具のことで、佐賀県には「筬」さんという苗字もあります。他にも「筬島」「筬懸」など筬のつく苗字はあります。

では、苗字「栗花落」さんは何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい苗字「五百籏頭」読み方・由来・意味

数字を含む珍しい名字をご紹介します。
五百旗頭」さん。何と読むでしょうか?

答え・・・

「いおきべ」さんです。
他にも「いおきと、いおりべ、いほきべ」とも読みます。

由来:第12代景行天皇の皇子「五百城入彦」の御名代部から。
御名代部(みなしろ)とは、貴族に仕える私有民のこと。
職業の一種が名前の由来なんですね。

では、「五百蔵」の読み方は?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「五百蔵」読み方は?

珍しい苗字をご紹介します。
五百蔵」さん。何と読むでしょうか?

答え・・・

「いおろい」さんです。
他にも「いおくら」とも読みます。

「五百蔵」の由来:
ある武将の蔵に500の鎧があったという説、高知県香美市香北町五百蔵の地名からなど。
高知県、兵庫県に実在されるお名前です。
五百」は「ごひゃく」「いお」と読み、数が多いという意味があります。

ちなみに「西蔵」と書くと、「チベット」の漢字表記です。

では、珍しいお名前「四十八願」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「四十九院」読み方・由来

珍しい名字をご紹介します。「四十九院」さん。何と読むでしょうか?

答え・・・

「つるしいん」です。

「四十九院」の由来:諸説ありますが、はっきりとした由来は不明。

四十九院というお寺に由来する説。
亡くなって49日の間は成仏するまで魂を癒すが、それが「四十九院」という説など。

では、珍しい名字で「五六」「五十公野」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

「四十八願」とは?珍しい名字・読み方・由来

珍しい名字に「四十八願さん」があります。
「四十八願」は何と読むでしょうか?

答え・・・
「よいなら、よそなら、よいなが、よそたけ、よそはら」と読みます。

「四十八願」は仏教の経典にある言葉で「しじゅうはちがん」とも読みます。
「四十八願(よいなら)」の由来:
はっきりとした由来は不明ですが、栃木県佐野市葛生東の小字の四十八願という地名があります。
昔、死んだ人を弔うために仏教の「四十八願」とかけ、僧侶が名づけたそうです。
もともと付近の人は、死んだ人を弔うための場所なので「黄泉(よみ)野原」と呼んでおり、「よみのはら」が「よいなら」と変化しました。そこへ「四十八願」と僧侶が名づけたため、「四十八願」を「よいなら」と読むようなったとか。

では、「五六さん」、「五十公さん」は何とよむでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名前(名字)「五六」「五十公野」読み方・由来

数字が入った名前はいくつかありますが、今回はその中でも珍しいお名前と、その由来をご紹介いたします。


五六」さん
読み方:「ふのぼり」
由来:はっきりとはしていないそうですが、将棋が関係している説があるそうです。
将棋の駒「歩」が5六の位置から一つ上げると「と金」に成ることができ、「歩が上る(のぼる)」から「ふのぼり」になったとか。

五十公野」さん

読み方:「いずみの、いじみの」
由来:新潟県新発田市五十公野の地名から。地名は「いじみの」と読みます。

では、日本で一番長い名前(名字)は?