「会釈」の正しい読み方「かいしゃく」「えしゃく」?意味と由来・語源

「会釈」はなんと読むでしょうか? 読み方:えしゃく 意味:軽く挨拶や礼をするこ 語源:仏教語の「和会通釈」を略した言葉。 「和会通釈」とは、仏典で、前後の内容を照合し、矛盾がない解釈をすることです。「会通(えつう)」とも […]

「古文書」は「こぶんしょ」「こもんじょ」?読み方と意味

「古文書」の読み方と意味 読み方:こもんじょ 意味:古い文章 歴史学上では、特定の対象へ意思を伝えるために作成された近代以前の文書のこと 「こぶんしょ」とも読めますが 「こもんじょ」と読む方が一般的です。 「古文書」の「 […]

「代替」は「だいがえ」「だいたい」?正しい読み方と意味

「代替」はなんと読みますか? 読み方:だいたい 意味:ほかのもので代えること 読み方「だいがえ」は間違い? 「代替」を「だいがえ」と読むことも多くあります。 これは「大体(だいたい)」と区別するために 「だいがえ」という […]

「二十歳」と「弱冠」は類語?意味と由来

「二十歳」と「弱冠」は全く同じ意味ではありませんが、とても似ている表現です。 「弱冠」の由来: 古代中国で男子20歳を「弱」といい、元服して冠をかぶる元服式を行ったことに由来。(他にも辻髪・志学・弱冠・而立・不惑・知命・ […]

「発足」の読み方は「はっそく」「ほっそく」?

「発足」の読み方は「はっそく」「ほっそく」どちらでしょうか? 答え「はっそく」と「ほっそく」 どちらも正しい読みです。 しかし、現在は「ほっそく」の読み方が一般的とされています。 「発足」の意味 組織や団体などが活動を始 […]

「礼賛」は「れいさん」?読み方と意味

「礼賛」は「礼讃・礼讚」とも書きますが 「礼賛・礼讃・礼讚」はどれも「らいさん」と読みます。 「礼賛」の礼は「れい」と読むため、「れいさん」と読みたくなりますが、「らい」とも読み「らいさん」です。 意味:「褒めたたえるこ […]

「元も子もない」と「身も蓋もない」「本末転倒」の違い・意味・類義語

「元も子もない」は「もともこもない」と読みます。 元は「元金」の「元」子は「利子」の「子」を指し、「利益も元手もなくす」という意味です。そして、「本来の意義や目的が失われるだけでなく、失う必要のないものまで失われる」とい […]

「春の七草」の由来「七草粥」を食べる本当の理由とは

春の七草といえば 芹(せり) 薺(なずな)=ぺんぺん草 御形(ごぎょう)=母子草(ははこぐさ) 繁縷(はこべら)=はこべ 仏の座(ほとけのざ)=小鬼田平子(こおにたびらこ) 菘(すずな)=蕪(かぶ) 蘿蔔(すずしろ)=大 […]

「一日の長」は「いちにちのちょう」「いちじつのちょう」?意味と由来

「一日の長」という言葉がありますが この「一日」は読み方は「いちにち」「いちじつ」? 正解は、「いちにち」「いちじつ」どちらも読みますが、「いちじつ」と読む方が多いです。その理由も最後にお話しします。 「一日の長」の意味 […]

「おおばんぶるまい」は大判・大番・大盤振舞い?

「おおばんぶるまい」の「おおばん」は大判、大番、大盤どれでしょうか? おおばんは、元々は「椀飯」「椀に盛った飯」の意味で、「わんばん」から「おうばん」になり、「おおばん」と変化し、「大皿」の意味の「大盤(おおばん)」とな […]