「クラスター」「オーバーシュート」「パンデミック」とは?日本語(漢字)の意味

新型コロナウイルス関連の専門用語(カタカナ)の漢字と日本語の意味をまとめました クラスター:「集団感染」「感染者集団」 メガクラスター:「巨大な感染者集団」 オーバーシュート:「感染爆発」「爆発的な感染拡大」 ロックダウ […]

「依存心」の読み方「いぞんしん」は間違い?

「依存心」とは 意味:人に頼る気持ちのこと 読み方:いぞんしん? 「いぞんしん」と読んでいるのを多くききますが、 本来の読み方は「いそんしん」です。 「存」は「そん、ぞん」と読みますが、実は読み分けがされていました。 「 […]

「お愛想(おあいそ)」は「お勘定」の意味ではない?

「おあいそ」といえば、お寿司屋さんなど飲食店で「お会計」「お勘定」の時に耳にしますが、その意味は実は違う? 「おあいそ」は漢字で「お愛想」のこと。 この「愛想」の意味は、 人当たりのいい態度、人に対する好意のこと。 「愛 […]

「共有」と「共同」の違いと意味

「共有」と「共同」について、その意味と違いをご紹介します。 「共有」とは読み方:きょうゆう意味:一つのものを二人以上が一緒に所有すること。使い方・例文:「共有ファイル」「この家は夫婦の共有財産です」「我々は秘密を共有して […]

「共用」と「供用」の意味と違い・使い方

「共用」と「供用」はどちらも「きょうよう」と読みます。 漢字も似ているので迷ってしまいますが 今回は「共用」と「供用」の使い方の違いをご紹介します。 「共用」とは 意味:一つのものを二人以上が一緒に使うこと。 使い方・例 […]

「蓋然性」「可能性」「必然性」の意味と違い

あまり日常で使うことがない「蓋然性」その意味を「可能性」と「必然性」と対義語も合わせてご紹介します。 「蓋然性」とは 読み方:がいぜんせい 意味:それが現実になる確実性がどれくらいあるかということ 簡単にいうと、その確率 […]

「追及」「追求」「追究」の意味・類語と使い方

「追及」「追求」「追究」はどれも「ついきゅう」と読みますが、その意味と使い方は違います。それぞれの類語と合わせてご紹介します。 「追及」とは意味:相手を追い詰め攻め立てる類語:詰問、尋問、吟味使い方・例文:「余罪を追及す […]

「曲尺・矩尺」の読み方と「さしがね」の意味・由来

「曲尺」読み方:かねじゃく、きょくしゃく 意味:大工さんが使う直角に曲がったL字形の金属製のものさし「矩尺(かねじゃく)」とも書きます。別名を「指金、差金、指矩(さしがね)」ともいいます。 「曲尺(かねじゃく)」は熟字訓 […]

「雨水」と雛人形の関係と意味

「雨水」とは 読み方:うすい 雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味。 二十四節気の一つ「立春」の次の期間で、「啓蟄」の前まで。 農作業の準備をはじめる目安とされました。 2020年の「雨水」はいつ? 2月19日 […]

「精算」「清算」「成算」の意味と違い・使い方

同じ読み方「せいさん」の「精算、清算、成算」の意味と違いについてご紹介いたします。 「精算」とは 精算の「精」は精巧、精密などの「細かい、詳しい」という意味です。 お金を細かく計算する、料金の過不足を計算し処理する場合に […]