カテゴリー
使い分け 植物 自然 食べ物

かぼす・すだち・ライムの違いとは?

「かぼす」と「すだち」と「ライム」の違いは何でしょうか?
「かぼす」「すだち」「ライム」はどれも柑橘類で「ミカン科ミカン属」です。

かぼすとは
学名:Citrus spheearocarpa
漢字:臭橙香母酢
色:緑から黄色
大きさ:100g~150g
旬:8月~10月
国内の9割以上が大分県

すだちとは
学名:Citrus sudachi
漢字:酢橘
色:緑から黄色
大きさ:30g~40g
旬:8月~10月
国内の9割以上が徳島県

ライムとは
学名:Citrus aurantifolia
英語:lime
色:黄緑
大きさ:100g~150g
国内のほとんどが輸入品、メキシコ、アメリカ・カリフォルニアなど

つまり、簡単にいうと・・・
カボスより小ぶりなものがスダチ
かぼす=大分県産
すだち=徳島県産
ライム=海外
ですね。

では、「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは?

カテゴリー
植物 自然

真榊奉納の真榊とは?意味

真榊奉納とニュースで耳にしますが、「真榊」とは何でしょうか?

真榊とは
読み方:まさかき
意味:神具、ツバキ科の樹木、一般的に榊と呼ぶ

榊の語源・由来:神と人間の境界にある木(境の木)、常に葉が緑で栄えている(栄える木)
榊の和名:本榊、真榊

昔から榊は神具として使われが、榊が生育できない土地では、榊に似たヒサカキや、椿や、楠などを使っていました。
本榊や真榊は、代用のヒサカキなどと区別する意味もあり、榊の前に「本」や「真」が付いているのだとか。つまり真榊とは、榊のことなんですね。

ちなみに榊は英語では「Cleyera japonica」です。

では、「公孫樹」「鴨脚樹」は何と読むでしょう?

カテゴリー
ことば 植物 自然

「覇王樹」とは?読み方・意味

覇王樹」とは何と読むでしょうか?

答え・・・

「さぼてん」「はおうじゅ」です。

意味:サボテン科の常緑多年草、サボテンの異名
サボテンは「仙人掌」とも書きます。

覇王樹は漢字一文字ずつ単体で「さ」「ぼ」「てん」と読める漢字はありません。
二文字以上組み合わせた漢字(熟語)で、特殊な読み方をする熟字訓です。

覇王樹の語源・由来:元は中国語の表記から使われる漢字ですが、その由来は不明

仙人掌の語源・由来はこちら

ちなみに英語でサボテンは「cactus

では他の熟字訓「曲尺・矩尺」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
植物 食べ物

バジルを漢字で書くと?

イタリア料理には欠かせないバジル
バジリコ、スイートバジルなどとも呼ばれますが、漢字で書くと何でしょうか?

答え・・・目箒(和名:めぼうき)

羅勒(漢名、中国語、らろく)

九層塔(台湾語の漢字表記)

英語では「basil
イタリア語では「basilico」

和名の「目箒」の由来・語源:
メボウキの種を水につけるとゲル化し(ゼリー状になり)、これを目のゴミをとる掃除するために使ったことから。

ではアスパラガスを漢字で書くと?

カテゴリー
植物 食べ物

パセリを漢字で書くと?

実はとても栄養価が高い野菜の一つ「パセリ」
ニンニクの臭いを消す消臭効果もあります。
さて漢字で書くと何でしょうか?

答え・・・

和蘭芹旱芹菜・旱芹・香芹

読み方:ぱせり

意味:野菜でセリ科の二年草。

和名:オランダセリ

英語:parsley

和蘭芹の由来・語源:
日本にはオランダから持ち込まれ、「オランダセリ」や「洋セリ」と呼ばれ、後に漢字では「和蘭芹」が当てられたとか。
「和蘭芹・旱芹菜・旱芹」をパセリと読むのは当て字
「香芹」は中国での名称(漢名)で「こうきん」と読みます。

パセリの由来・語源:
地中海沿岸が原産地で、岩場に多く自生していたため「岩場のセロリ」から「パセリ」と呼ばれるようになったとか。

では、トマトを漢字で書くと?

カテゴリー
植物

「秋の七草」とは何でしょうか?

七草と言えば、「春の七草」が有名ですが、秋にも七草があります。
さて、秋の七草とは何でしょうか?

秋の七草とは

(はぎ)
(すすき)
撫子(なでしこ)
(くず)
女郎花(おみなえし)
藤袴(ふじばかま)
桔梗(ききょう)のこと。

これらは日本の代表的な草花です。

秋の七草の由来:
奈良時代の歌人山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集に詠んだ歌から。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」
「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」

ここでいう朝顔は、桔梗というのが定説です。

ちなみに、七草を英語で表すと「the seven spring flowers​」「the seven fall flowers

食す「春の七草」に対して、秋は見て楽しむ七草ですね。
では、「春の七草」の由来とは?

カテゴリー
植物

「木瓜」は何と読むでしょうか?意味

木瓜」は「き」と「うり」ですが、「きうり」ではありません。
さて何と読むでしょうか?
答え・・・

「ぼけ」です。

他にも「もっか、ぼっか、もっこう、きゅうり」とも読みます。

「ぼけ」の意味:バラ科の落葉低木、高さ1~2m、早春から春にかけ梅のような紅や白色などの花を咲かせます。

木瓜の花言葉:先駆者・指導者・退屈・熱情・魅感的な恋など

英語ではJapanese quince
学名:Chaenomeles speciosa

では、「蘆薈」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
使い分け 未分類 植物

「プランター」と「鉢」の違いとは?

花や家庭菜園、ガーデニングで活躍するプランターと鉢
その違いはなんでしょうか?

植木鉢など比較的小さい「鉢」は英語で「ポットpot
「プランター」は鉢より比較的大きいものが多く、英語では「planter
どちらも土を入れ、植物を受けこむ容器ですが、その容器の総称を「コンテナcontainer」といいます。

つまり、鉢とコンテナの違いは何か?
答え・・・
鉢もプランターもコンテナの一種で、両者の違いはないのです。

では「強ち」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
植物

「カメレオンの植物」「トカゲの尻尾」という植物は何?

街中でも公演や、路上に割とよく見かけ、漢方薬の原料などで身近な植物
蕺草」は何と読むでしょうか?

答え・・・

「どくだみ」です。

」だけでも「どくだみ」と読みます。
学名はHouttuynia cordata
英語では「chameleon plant(カメレオンの植物の意味)」「lizard tail(トカゲの尻尾の意味)」など

ドクダミの由来:諸説ありますが、毒下しの効果があり、「毒を矯める」毒を抑えるという意味
毒矯め」が転じて「毒矯み(どくだみ)」となったといわれますが、ドクダミ自体には毒はありません。
ドクダミは和名で「蕺草、蕺」ですが、古くは「之布岐」と呼ばれ、地方によって様々な呼び名があり、その数160以上といいます。
ちにみに花言葉は「白い追憶

では、マンゴーを漢字にすると?

カテゴリー
ことば 植物

「そばかす」を漢字で表すと?語源・由来

肌にできる小さな斑点「そばかす」
漢字で表すと何でしょうか?

答え・・・

雀斑
雀卵斑
夏日斑
蕎麦滓

どれも「そばかす」のことですが
「雀斑」の由来:スズメの羽の斑点に似ていることから
「雀卵斑」の由来:スズメの卵の模様の斑点に似ていることから
「夏日斑」の由来:日光が強い夏に増えることから
「蕎麦滓」の由来:ソバの実をひいて粉をとったかす、そば殻に似ていることから

英語では「freckles」

ではニキビを漢字で表すと?