珍しい四文字の苗字「四十九院」は何と読むでしょうか?

珍しい四文字の苗字「四十九院」は何と読むでしょうか? 答え・・・ 「つるしいん」です。 「四十九院」の由来・語源:三重県にある伊賀国阿拝郡四十九院が由来ともいわれており、北海道、宮城県、千葉県にみられる名字。 では珍しい […]

今さら聞けない「日暮里舎人ライナー」の「舎人」とは?読み方・意味・由来

地名や名字でもある「舎人」「日暮里・舎人ライナー」なども目にしますが「舎人」は何と読むでしょうか? 答え・・・ 「とねり」です。 舎人の意味:もともとは天皇や皇族など身分の高い人に仕える人のこと。警備や護衛など様々な雑事 […]

珍しい名字「波々伯部は何と読むでしょうか?由来

珍しい四文字の苗字「波々伯部」は何と読むでしょうか? 答え・・・ 「ほうかべ」です。「ほほかべ、ほおかべ、ははかべ」とも読みます。 「波々伯部」の由来・語源:もともとは「ははか」という木を管理する人を「ははかべ」といい、 […]

珍しい苗字「月見里」の読み方は?由来

珍しい名字の「月見里」さんは何と読むでしょうか? 答え・・・ 「やまなし」さんです 「月見里」の由来・語源:現在の様に高層ビルなどがない時代、月が見える場所といえば周囲に高い山や丘がない場所です。つまり、山がない場所「や […]

珍しい苗字「一番合戦」読み方・由来

数字を含む珍しい名字をご紹介します。「一番合戦」さん。何と読むでしょうか? 答え・・・ 「いちまかせ」さんです。他にも「いちばんがっせ、いちばんがっせん、いちばんがせ、いちばんかせ、いちばかせ、いまかい」とも読みます。 […]

珍しい苗字「五百籏頭」読み方・由来・意味

数字を含む珍しい名字をご紹介します。「五百旗頭」さん。何と読むでしょうか? 答え・・・ 「いおきべ」さんです。他にも「いおきと、いおりべ、いほきべ」とも読みます。 由来:第12代景行天皇の皇子「五百城入彦」の御名代部から […]

珍しい名字「無量塔」の読み方・由来

「無量塔」という苗字があるそうですが、何と読むでしょうか? 答え・・・ 「むらた」です。 由来:無量塔の「塔」は建物の意味がありますが、「無量」は仏教用語の意味で、数字では計ることができない無限のものという意味から。 「 […]