カテゴリー
名字(苗字)

「こゆび」ではない名字「小指」は何と読む?由来

「小指」は「こゆび」と読みますが、違う読み方の苗字(名字)があります。
珍しい名字「小指」さんは何と読むでしょうか?

答え・・・

「こざす」さん、「こざし、こさし、おざし」さんです。

由来:埼玉県、宮城県にある名字(名字)で、埼玉県秩父の「子指」が発祥とされます。
小さな「砂州」ができていた地域を「こさす」と呼び、「小指」の漢字をあてたとされます。

では、苗字「安心院」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

「せんせい」ではない名字「先生」は何と読む?

「先生」は「せんせい」と読みますが、違う読み方の名字があります。
珍しい名字(苗字)「先生」さんは何と読むでしょうか?

答え・・・

「せんじょう」さんです。

由来:静岡県静岡市や牧之原市に古くからある名字
奈良時代に東宮に仕えた帯に刀をさした官人を「帯刀」といい
その指揮官を「帯刀先生」「先生」と呼んでいたことに由来するとか。

ちなみに「帯刀先生」は「たちはきせんじょう」「たちはきのせんじょう」と読みます。

では、「馬酔木」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

「くろまめ」ではない名字「黒豆」は何と読む?

黒豆」は「くろまめ」と読みますが違う読み方をする名字があります。
珍しい苗字(名字)「黒豆」さんは何と読むでしょうか?

答え・・・

「くろず」さんです。

由来:大分県中津市に古くからある名字
奈良、平安時代に貴族へ黒豆を献上し「黒豆」という名字を賜ったとされる。

ちなみに英語で「黒豆(くろまめ)」は「black soybean」です。​

では、珍しい名字「四十八願」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
動物 名字(苗字) 苗字

動物の漢字がつく珍しい名字「虎杖」の読み方・由来

動物の漢字がつく名字(苗字)名前は多くはありません。
人と関わりの深い動物、家畜は使われるようですが、
今回は「虎」のつく「虎杖」さんをご紹介します。

「虎杖」とは

読み方:いたどり、奈良県に多くある名前。

由来:ダテ科の多年草、高さ1m位

   根は痛みをとる薬になることから「イタドリ」

他に「虎」がつく苗字「喜虎」さん

「虎」がつく虎じゃない動物「雨虎」猟虎

ちなみに漫画「呪術廻戦」の登場人物の「虎杖悠二」は「いたどりゆじ」

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「四十住」読み方・由来

珍しい苗字(名字)「四十住」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「あいずみ」「よそずみ」

由来:現在の富山県の越中が起源とも言われています。

四十」を「あい」と読むのは「四十物」が由来とも言われています。
では、この「四十物」とは何でしょうか?

ちなみに、スケートボード選手のオリンピック金メダリストの「四十住さくら」さんでも注目されていましたが、四十住さくらさんは「よそずみさくら」さんです。

珍しい苗字「毛受」さん、何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「實寶」読み方

珍しい苗字「實寶」さん何と読むでしょうか?

答え・・・

「じっぽう」さんです。

實寶は「実宝」の異形で、「実宝」さんは和歌山県に多くみられます。

ちなみに「異形」は何と読むでしょうか?
「いけい」ではなく、「いぎょう」です。
意味:普通とは異なる形、通常とは違う形、姿。

では、珍しい苗字「四十物谷」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「許斐」読み方・由来

珍しい苗字「許斐」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「このみ」さんです。

由来:福岡県に多い名前で、その由来は諸説ありますが、
福岡県宗像市にある鎮国寺の「許斐権現」の彫像や、地名からとも言われています。

漫画「テニスの王子様」の作者「許斐剛」さんも「このみ」氏ですね。

では「うんも」ではない「雲母」さん、何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい苗字「安心院」読み方・由来

珍しい名字「安心院」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「あじみ」「あじむ」「あじいん」です。

由来:大分県、福岡県に多い名前で、大分県の地名がルーツ。
安心院の由来は、もともと芦生(あしぶ)の里と呼ばれていたところ「安心」に転じ、そこへ宇佐神宮の倉院が置かれたことから「院」をつけて「安心院」と呼ばれるようになったという説も。

「安心院」は「あんしんいん」と読んでしまいそうですが、苗字としては「あじみ」さん。「安心院盆地」など地名としては「あじむ」です。

では、苗字「月見里」の読み方は?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい名字「毛受」読み方・由来

珍しい苗字(名字)「毛受」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「めんじょう」「めんじょ」「めんじゅ」「めんぞう」「もじゅ」です

由来:愛知県に多い名前。愛知県一宮市にある地名が由来。
戦国時代には「毛受家照(勝照)」という武将が尾張出身いました。

では地名が由来の珍しい名字「一番合戦」は何と読むでしょうか?

カテゴリー
名字(苗字)

珍しい苗字(名字)「四十洲」読み方・由来

珍しい名字(苗字)「四十洲」さん
何と読むでしょうか?

答え・・・

「しかす」「あいす」さんです。

由来:石川県に多い名前。和歌山県と三重県にまたがった紀伊の国の地形が由来とも言われる。
点在していた中州から。

「あいす」の読みは「愛洲」という苗字もあり、和歌山県、三重県にみられる名字です。
由来は「四十洲」と同じともいわれているとか。

では漢数字のつく珍しい苗字「五六」さんは何と読むでしょうか?