チョコレートの漢字は?猪口令糖・貯古齢糖・知古辣

チョコレートの漢字は?
バレンタイン商戦に欠かせないチョコレートですが、
日本では、明治の頃にチョコレートが販売されるようになりました。
その頃チョコレートは、カタカナではなくいくつかの漢字で表記されていました。
猪口令糖
貯古齢糖
知古辣
千代古令糖
査古律楂古聿
血汚齢糖、などたくさんあります。
当時、日本には牛乳を飲む習慣がほとんどなかったため
チョコレートには牛の血が入っているなどデマをいう人もいたとか。

ちなみにチョコレートの原料のカカオは、「加加阿」です。