「節分」と「豆まき」の由来

「節分」と「豆まき」の由来についてご紹介いたします。

節分は、立春の前日
意味は「季節の分かれ目」です。

季節の分かれ目は邪気が入りやすいとされ、
その邪気を払う儀式として「豆まき」が昔から行われてきました。

ではなぜ豆をまくのか?
古来より日本では穀物には「邪気を払う力」があるとされてきました。
諸説ありますが、大豆を鬼の目に投げつけ、鬼を退治した説。
「魔目(魔の目)」に豆を投げつけ「魔滅(魔を滅する)」に通じるなど。
また、豆まきは「炒った豆」で行います。
生の豆では、芽が出て縁起が悪く、「炒る」は「射る」に通じるともいわれているためです。

地域によっては大豆ではなく、落花生をまくところもあるそうです。あなたの周りはどちらでしょうか?