「神社・神宮」「大麻」と「御札」の関係

大麻とは、
読み方:たいま、おおあさ、おおぬさ
クワ科の植物で、花冠、葉を乾燥させ、
樹脂化や液体化させたもので、規制薬物である。
神事のお祓い大麻(おおぬさ)が用いられる。

神宮の御札(お神札)は「神宮大麻」と呼ばれ、
(読み方:じんぐうたいま、じんぐうおおぬさ)
お祓いに用いる祭具のことをいいます。
伊勢神宮が発行し、多くの神社で頒布される御札(おふだ)のこと。

「大麻(たいま)」は「大麻(たいま)」でも違いますね。

では、「卵(たまご)」と「玉子(たまご)」の違いは?