「秋の七草」とは何でしょうか?

七草と言えば、「春の七草」が有名ですが、秋にも七草があります。
さて、秋の七草とは何でしょうか?

秋の七草とは

(はぎ)
(すすき)
撫子(なでしこ)
(くず)
女郎花(おみなえし)
藤袴(ふじばかま)
桔梗(ききょう)のこと。

これらは日本の代表的な草花です。

秋の七草の由来:
奈良時代の歌人山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集に詠んだ歌から。

「秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花」
「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」

ここでいう朝顔は、桔梗というのが定説です。

ちなみに、七草を英語で表すと「the seven spring flowers​」「the seven fall flowers

食す「春の七草」に対して、秋は見て楽しむ七草ですね。
では、「春の七草」の由来とは?