一より小さい数、万 億 兆 京の逆は?単位の読み方、意味

一十百千万、と大きな数へと続いていきます。では一より小さい数(-0.○○)は何というのでしょうか?(大きい数については⇒こちら

江戸時代の数学者、吉田光由が、中国の数学書「算法統宗」を参考にし執筆した「塵劫記(じんこうき)」。
この中で命数法(数の単位の分類)の説明がありますが、
何度も改訂され、漢字、桁数が異なりますが、一般的な命数と意味、由来をご紹介いたします。

(ぶ)  10の-1乗
(りん) 10の-2乗
(もう) 10の-3乗  意味:け。
(し)  10の-4乗  意味:いと。
(こつ) 10の-5乗  意味:たちまち、ゆるがせにすること
(び)  10の-6乗  意味:わずかな。
(せん) 10の-7乗  意味:繊維。
(しゃ) 10の-8乗  意味:水辺の砂。
(じん) 10の-9乗  意味:ちり。
(あい) 10の-10乗  意味:ほこり。
(びょう) 10の-11乗  意味:かすんでいること。
(ばく) 10の-12乗  意味:ぼんやりしていること。
模糊(もこ) 10の-13乗  意味:あいまいなこと。「模湖」 とも書く。
逡巡(しゅんじゅん)10の-14乗  意味:決断がつかないこと。しりごみすること。
須臾(しゅゆ) 10の-15乗  意味:しばらくの間。
瞬息(しゅんそく)10の-16乗  意味:まばたきをし、息をする間。きわめて短い時間。
弾指(だんし) 10の-17乗  意味:指の爪の先を親指の腹にあてて、音を立てること。
刹那(せつな) 10の-18乗  意味:ごく短い時間。
六徳(りっとく)10の-19乗  意味:仏教語としては「ろくとく」と言い、知・仁・聖・義・忠・和。または、礼・仁・信・義・勇・知のこと。
虚空(きょくう、こくう)10の-20乗  意味:一切が存在する空間。
清浄(せいじょう)10の-21乗  意味:煩悩や悪行が無く、心身が清らかであること。