簡単、ハロウィンの起源と、仮装、かぼちゃの由来

ハロウィンの季節、日本でも仮装を楽しむイベントとして年々盛り上がっていますが、そもそもハロウィンとは何でしょう?

その起源は、古代ケルト民族のデゥルイド教で行われていたサウィン祭だといわれています。
古代ケルトでは一年の終わりが10月31日とされ、大晦日の夜に先祖の霊が訪れると考えられていました。
亡くなった人の魂が、あの世からこの世へ帰ってくるのは日本のお盆の様子と似ていますね。
しかし、先祖の霊だけでなく悪霊や魔女も一緒にやってきて、災いを起こす(子どもをさらう、作物に害を与える、現世の人に悪いことをする)といわれていました。
そこで人々は悪霊を驚かせ追い払うために、魔物の仮面を被ったり、仮装して魔除けの焚火を行っていたといわれます。
この魔物の仮面は、悪霊と仲間だと思わせ、作物への被害を逃れたり、子どもがさらわれるのを避けるためだったとか。
現在は宗教的な意味合いは薄れ、仮装をして楽しむ行事としてアメリカ、アイルランド、イギリス、カナダ、ニュージーランドなどの英語圏で定着しているようです。

もう一つ、ハロウィンといえば、目と鼻と口をくり抜いたかぼちゃのランタンですが、「ジャック・オー・ランタン」という名前がついています。
ジャックとは、男の子の名前で、生前悪いことばかりしていて、悪霊をも騙し地獄に落ちることも、天国へいくことも許されず、カブをくり抜いたランタンに火を灯して暗闇を彷徨っている、というアイルランドの民話が元となっているそうです。
そう、最初はかぼちゃではないのです。この民話がアメリカに入ってきたとき、かぼちゃの生産が多かったため、カブではなく、かぼちゃになったとか。

ちなみに、ランタンとは手に提げるか持って運べる「ランプ」で、紙と木からでき、折りたためる日本の提灯(ちょうちん)とは異なります。