「四十八願」とは?珍しい名字・読み方・由来

珍しい名字に「四十八願さん」があります。
「四十八願」は何と読むでしょうか?

答え・・・
「よいなら、よそなら、よいなが、よそたけ、よそはら」と読みます。

「四十八願」は仏教の経典にある言葉で「しじゅうはちがん」とも読みます。
「四十八願(よいなら)」の由来:
はっきりとした由来は不明ですが、栃木県佐野市葛生東の小字の四十八願という地名があります。
昔、死んだ人を弔うために仏教の「四十八願」とかけ、僧侶が名づけたそうです。
もともと付近の人は、死んだ人を弔うための場所なので「黄泉(よみ)野原」と呼んでおり、「よみのはら」が「よいなら」と変化しました。そこへ「四十八願」と僧侶が名づけたため、「四十八願」を「よいなら」と読むようなったとか。

では、「五六さん」、「五十公さん」は何とよむでしょうか?