「煮海鼠・海参・煎海鼠・熬海鼠」とは?読み方と意味

煮海鼠海参煎海鼠熬海鼠はどれも同じ読み方をします。
さて何と読むでしょうか

読み方:いりこ
意味:なまこを煮て干したもの、干しナマコのこと

ナマコは、漢字で「海鼠」と書きます
英語では「sea cucumber」

古くは、ナマコを「海鼠(こ)」と称し、
「生海鼠(なまこ)」…生のナマコ
「海鼠の腸(このわた)」…腸のこと
「海鼠の子(このこ)」…卵巣を乾かしたもののことを言います。

ナマコの栄養価はとても高く、強精の薬効が朝鮮人参に匹敵するとされています。
中国では「海参(ハイシェン)」…海の人参という意味で、漢方薬に用いられています。

「いりこ」といえば
炒り子」「熬子」という漢字もあります。
こちらは、カタクチイワシなどの煮干しの呼称で、主に西日本で使われています。

では、「海星・海盤車」は何とよむでしょうか?