香り、薫り、馨りの違いと意味、使い分け

「香り、香る」「薫り、薫る」「馨り、馨る」の違いと意味、使い分けについてご紹介いたします。

「香り、薫り、馨り」どのかおりも、いい匂いの時に使います。

香り」は、鼻で感じるいい匂い、具体的に嗅ぐことができるにおい。例えば、花のり香、香水の香り

薫り」は、抽象的、比喩的な意味合いで使います。例えば、ロマンの薫り、風薫る

馨り」は、遠くまでいい匂いが広がるという意味と、「良い結果」という意味もあります。使い方は「薫り」と同じです。