「打つ・討つ・撃つ」の違いと使い方・例文

「打つ・討つ・撃つ」はどれも「うつ」と読みますが、それらの違いと意味、使い方をご紹介します。

打つ」とは
意味:たたく、衝撃を与えること
使い方・例文:「そばを打つ」「頭を強く打つ」
英語:「hit」「knock」「rap」「strike」など

討つ」とは
意味:攻撃する、相手を傷つける滅ぼす(殺す)
使い方・例文:「敵を討つ」「仇討ち
英語:attack」「get even」など

撃つ」とは
意味:弾丸や矢を発射する、攻撃する
使い方・例文:拳銃を撃つ」「迎え撃つ」
英語:「attack」「blast」 「shoot」など

簡単にまとめると「打つ」は広く用いられ、「討つ」は古風な日本的表現、「撃つ」は何か武器を使って攻撃するという意味。

では、「供用」と「共用」の違いとは?