「不変・普遍・不偏」の違いと使い方・例文

「不変・普遍・不偏」はどれも「ふへん」と読みますが、それらの違いと意味、使い方をご紹介します。

不変」とは
意味:変わらないこと。
使い方・例文:「不変の真理」
英語では「constant

普遍」とは
意味:全体に広く行渡ること。すべてに共通、例外がないこと。
使い方・例文:「普遍的な真理」
英語では「universality

不偏」とは
意味:偏らないこと。公平であること。
使い方・例文:「不偏不党」
英語では「impartiality

では、「染みる・沁みる・凍みる」の違いは?