チャレンジシステムとは?バレーボール

東京オリンピックのバレーボールや他の競技でも採用されているチャレンジシステムとは、どういうものでしょうか?

チャレンジシステムとは?

テニス、バレーボール、バスケットボールなど試合中、
判定に不服があった場合、ビデオ判定で再ジャッジを要求できるシステムです。
野球の場合は「リクエスト」、テニスは「ホークアイ」ともいいます。

チャレンジ要求のルールは競技によって違いがありますが、バレーボールの場合、
チャレンジ出来る人:監督、またはチームのキャプテン
チャレンジできるプレー:ボールがINかOUTか、ブロックのワンタッチの有無
チャレンジできる回数:各チーム2回
但し、再ジャッジが成功した場合は回数に含まれない。

様々な競技でビデオ判定がありますが、チャレンジシステムは公平なジャッジのためということですね。

では、スケートボードのNBDとは?

東京五輪の各国各種目の選手一覧はこちら