「耽溺」とは?読み方・意味・類語・使い方

耽溺とは?
読み方:たんでき

耽溺の「耽」は、耽る(ふける)とも読みます。
「瞑想に耽る、読書に耽る」など、一つのことに夢中になる意味で使います。「溺」はおぼれるという意味です。
意味:一つのことに夢中になり、ほかを顧みないこと。
酒やギャンブルなど、よくない事に熱中すること。
使い方・例文:
酒や女に耽溺する類語:没頭、熱中、入れ込む

ドラッグ、大麻、薬物、酒、ギャンブル、女色、快楽するすべてが耽溺する対象になります。

では、矍鑠とは?