「ワーケーション」とは?「リモートワーク」と「テレワーク」の違い

ワーケーションとは
英語:Workations
意味:「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」からなる造語
観光地、リゾート地などで休暇をとりながらリモートワーク(遠隔勤務)で働くことを言います。

もともとは有給休暇の取得率が低かったアメリカで広がった働き方で、日本では、IT産業のような出社しなくても仕事ができる環境の業態が、サテライトオフィスとして利用し広まりました。
最近は新型コロナウィルス感染症予防の対策として、新しい働き方の一つとして注目されています。

休暇をとりながらリモートワークで働く、
単なるリモートワークではなく、休暇中に好きな場所で過ごしながら働くということです。
アメリカなどは長期休暇をとりながら働くという形ですが、
日本では長期休暇というよりは、単なる休日にリモートワークで仕事をすることを言います。

テレワークとワーケーションの違いとは?

テレワークは、自宅やレンタルオフィスなど特定の場所、時間などを定めて仕事をすることをいい、ワーケーションはその枠組みをなくし、長期休暇の旅行先でのテレワークも、勤務として認める働き方のことをいいます。

では、テレワーク、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィスの違いとは?